2015年02月26日

メンテナンス

メンテナンスのために更新します。 「ここは誰?私はどこ?」は、 http://blog.geotrek.info/ に引っ越しました。


このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2013年01月13日

引っ越しました。

「ここは誰?私はどこ?」は以下のURLに引っ越しました。


ブックマークの変更お願いします。引越し後もよろしくお願いします。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 23:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2013年01月02日

あけましておめでとうございます。

130102年賀

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。


昨年は公私共に混乱の年でした。たくさんの別れがありました。そして、今までのように旅をしてブログを書くのもちょっと難しくなってきました。


しかし、別れはありましたが新たな出会いもありました。そして、なんだかんだ言っても、事態は(まだ)それほど深刻ではなく、やろうと思えば山も旅も続けることはできます。


後悔することなく、今年も前向きに突き進む所存です。近々、ブログを引っ越す予定です(年明けに間に合わなかった...)が、引き続き、お暇なときは読んでやってください。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 19:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

2012年12月19日

PC一新。

皆様、ご無沙汰でした。


先々週の土曜日。PCのスイッチを押すと...ウンともスンとも言わず。唐突に逝ってしまった。


もう5年以上使っていたので仕方ないとあきらめ、予想外の出費に惑いながらも思い切ってPCを新調した。写真は重要なので、Lightroomがサクサク使えること。そして5年は使いたい。もちろんできるだけ安したい。それでネットでショップの価格を見比べながらパーツを注文した。


MPU: Intel Core i5-3570 (初めてのインテルプロセッサ!今までずっとAMD)
マザーボード: GIGABYTE H77-D3H-MVP (いつもGIGABYTE)
メモリ: 8GB(安いやつ)
SSD: 128GB(これも安いやつ)
電源: OWLTECK AU-400(電気代を節約したい)
OS: Windows7(今まではVista)
ケースやキーボード、グラフィックカード、ハードディスクなどは今までのまま

日曜日の夕方に注文したら、驚いたことに火曜日には全部届いた。日本の物流はどうなっているんだ?早すぎだ!それで火曜日の夜には新しいPCが組みあがってしまった。すごい。


しかし...Windows7のインストールにはまり(100以上のパッチ...)、今まで入れていたソフトのインストール、アップデートに手間取り、ほぼ元の環境に復旧したのは昨日のことだ。これはどうにかならないものか...。おまけに無線LANの子機とビデオキャプチャがwindows7で使えない...。


しかし、とにかくLightroomがサクサクと動く環境を手に入れた。それ以上にPCの起動が早いこと。さすがSSD。

一新したPC環境で引き続きブログを更新してゆこう!




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

2012年12月07日

メコン川の風に吹かれて〜ベトナムの旅(6)

11/18 ホーチミン〜ヴィンチャン寺〜メコン川〜ホーチミン〜日本

前回の続き)

今日はベトナム弾丸旅行の最終日。しかし、ベトナムを発つのは23:55の飛行機。まだまだ時間はたっぷりある。


121118ベトナム・バインセオ

荷物をまとめ7時にチェックアウト。そのままフロントに荷物を預けて、とりあえず腹ごしらえ。あった!やっとバイン・セオにありついた。たぶんベトナムを代表する料理の一つで、日本で言えばお好み焼き。ちょっとゆるめの生地を薄く焼き、もやしや豚肉、海老などをたっぷりはさんで、ヌクマムをつけて食べる。うまいに決まってる!


121118ベトナム・メコンデルタへ

今日は夜に帰国することだし、ホーチミンからのお手軽な1日ツアーに参加する。TNK&APTトラベルの「メコンデルタ・1日ツアー」。日本語の看板が出ていたので、何の気なしに29ドル払って日本語ツアー申し込んだのだが、後で聞いたら英語ツアーは11ドル。英語ツアーにすればよかった!と思った。英語ツアー参加者と日本語ツアー参加者が同じバスに乗り込んで、前半分が英語ツアー、後半分が日本語ツアーになっていた。で、いざ両方のガイドさんの話を聞いていると、英語ツアーのガイドさんは目的地の話しかしないが、日本語ツアーのガイドさんは、ベトナム料理やベトナム語など、ベトナム文化の話をいろいろしてくれて、質問にも答えてくれる。まあ、29ドルの価値はあるかな。

ホーチミンからメコン川河岸の町、ミトーへ向かう。途中の道路はよく整備されていて、これは日本の援助によるものだと日本語ガイドさんも英語ガイドさんも説明する。そして、走っているバイクは韓国製、中国製もあるが、日本製がいちばんいいと、やっぱり日本語ガイドさんも英語ガイドさんも話している。英語ガイドさん、欧米人や中国人に日本の宣伝をしてくれてありがとう。


それにしても暑い。青い空にぽっかり浮かぶ白い雲。日本の夏のようだ。


121118ベトナム・ヴィンチャン寺入り口

第一の目的地に到着。1849年に開かれた由緒正しきヴィンチャン寺。このあたりの中心的なお寺で僧侶の学校があり、お祭りの日には近隣の町からたくさんのお坊さんが来るという。南国的な明るいお寺。それにしても、あの巨大な笑う菩薩像は一体なに...?


121118ベトナム・ヴィンチャン寺構内

巨大菩薩像はちょっとヘンだが、中に入れば荘厳な雰囲気。木彫りの彫刻が施された祭壇に仏像が並ぶ。


121118ベトナム・ヴィンチャン寺仏像

やっぱり何か違う...


121118ベトナム・メコンクルーズへ

さて、いよいよお目当てのメコンクルーズ。しずかなミトーの町も、この船着場は観光客でごった返している。


121118ベトナム・ワニよけのお守り

ボンボン鳴るエンジンがついたこんな木造船。船首にかつてメコン川にいたワニよけの目玉が描かれている。ちなみに漁船には目玉を描かない。なぜならワニといっしょに魚も逃げてしまうから。




ボボボ、とエンジン音を立てながら出発。


121118ベトナム・砂を運ぶ船

ここの川幅は4kmほど、対岸の町が小さく見える。吹き渡る川風が心地よい。でも排気ガスがちょっとけむい。と、向こうから川の上を茶色い山がだんだんこちらに近づいてくる...?砂を満載した船だった。


121118ベトナム・椰子の茂る島

中州にある椰子の茂る島に沿って川を遡る。川の水は茶色いがこれは砂の色で、水そのものはとてもきれいだとのこと。確かにゴミひとつ、油膜ひとつなく、強い日差しににキラキラと輝いている。


121118ベトナム・像耳魚

島のひとつに上陸。と、レストランでランチだった。ツアーは昼食込みで何が出てくるかと思ったら、ミトーの名物「カー・タイ・トゥオン」(象耳魚の唐揚げ)だ!身をほぐしてライスペーパーでくるんで食べる。もぎゅもぎゅ。う〜ん、まずくはない。淡白な白身。鯛に似てないとも言えないこともない...。でも私だったら中華風の唐揚げにして、椎茸や葱の入った甘酢あんをかけて食べたい。


121118ベトナム・再びメコン川へ

ランチを済ませ再びボートへ。なんかふつーに日本人ばかりで日本にいるみたいだ。日本語ツアーなので当たり前なのだが、参加している皆さん、服装もふつーに日本と同じだし(私は作業服)、鞄もふつーだし(私はぼろいデイバック)、靴もふつーだ(私はサンダル、靴擦れがひどくて指にガムテープを巻いている)。旅先でバックパッカーじゃない日本人と話をするのって、私にとって新鮮な体験。仕事でヴェトナムに来ているというビジネスマンに話を聞いたら、やっぱりバイクタクシーや怪しいおねえさんによく声をかけられるそうだ。ひと目で日本人だとわかるのだろう。


121118ベトナム・ココナツ飴工場 別の島に上陸。そこはココナツ飴工場。せっせとココナツ飴を作っている子供たちの横で、なぜかガイドさんがココナツ飴の作り方を実演する。

121118ベトナム・ニシキヘビと戯れる

そしてなぜかここでニシキヘビと戯れる。いたっておとなしく、首に巻かれたり、ひっぱり上げられたりされるがまま。週に鶏1匹食べれればそれで満足だそうだ。




手漕ぎボートに乗る。細い水路をおばちゃんが、そして私もえっちらこっちら漕いで遡るが、汗だくになりすぐに挫折する。後から来たモーター付きボートに引いてもらう。


121118ベトナム・手漕ぎ舟で水路を行く

川幅はどんどん狭まる。迫り来る両岸はうっそうと茂る椰子の森。なかなかいい雰囲気。


121118ベトナム・民族音楽コンサート 椰子の木村に上陸。椰子の林の中に細い道が続いていて、道に沿ってちょっと切り開いて家が建っていたり、果樹が植えられていたりする。そして、採れたての果物を頂きながら民族音楽のコンサートを聴く。突然、「幸せなら手を叩こう」が始まる。日本人に大うけ、外国人観光客はあっけにとられる。

121118ベトナム・ラックミエウ橋からメコン川

村はずれでバスに乗り込み、全長8kmのラックミエウ橋でメコン川を渡る。流れているか、いないか分からないほどのゆったりした流れの川を、たくさんの船が行き来していた。夕暮れ色に染まる川を眺めつつホーチミンへの帰途に着く。


121118ベトナム・デタムの屋台

ホテルのあるブイビエン通りに戻ってきた。腹減った〜。手招きをする屋台にふらふら〜っと吸い込まれる。


121118ベトナム・インスタント焼きそば 外国人が食べているものを指差して「これくれ」と言ったら焼きそばがでてきた。しかし、インスタント...野菜たっぷりなのはいいけど...。ベトナム最後の食事はインスタント焼きそばだった。インスタントラーメンで始まり、インスタント焼きそばで終わる旅。

121118ベトナム・日本へ帰る クーラーの効いたカフェで時間を潰し、ホテルに戻って荷物を受け取りタクシーを呼んでもらう。(ドアから手招きしただけだけど。)バイクが暴走する道を空港へ。13万ドンしかかからなかった。やればできるんだな...。空港で市内で5倍するコーヒーを飲んで時間を潰す。そして23:30、やっと搭乗。

121118ベトナム・機内食朝食 昨夜は酒を飲んで1時くらいに寝た。そして朝食のために4時過ぎに起こされる。半分寝たまま海老しんじょうの粥を食べる。うまい。食べてまた寝る。だって、今日は帰ったらそのまま仕事に行くんだもん...。忙しい旅だった...でもおいしかった...でも食べたりない...とうつらうつらと思う。

(ベトナムの旅・完)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。