2011年08月01日

新鮮な夏の室堂〜薬師岳(5)

7/18 五色ヶ原〜龍王岳〜一ノ越〜室堂

前回の続き)

110718室堂と剣岳

雪渓を渡りきってホッとしたところで一休み。そしてその後は道が良いこともあり、登りがゆるいこともあり、ずんずんと歩き続ける。

龍王岳をすぎて一ノ越への下りが始まる。斜面にそってお花畑が広がり、その向こうに雷鳥坂の急登が立ち上がり、その稜線の奥には剣岳が頭を見せている。それにしても雷鳥坂はすごい急坂だな。俺はあんなところをスキーを履いて登っていたのか...室堂は雪の時期に毎年のように来ているが、雪のない室堂は小さい頃の観光旅行以来なので、新鮮な驚きに満ちている。


110718一ノ越から雄山

一ノ越山荘まで下りてきた。ここは人で満ちている。雄山に続くザレの道に蟻の行列のように人が取り付いている。

東一ノ越へのルートを見ると、やっぱり雪の詰ったルンゼで分断されている。おまけに雪渓に踏み跡はあるものの、しっかりとしたステップではなく滑りそうだ。迷うことなくお気楽に室堂に下山する。


110718一ノ越から室堂へ下る

あ〜、室堂への道は思ったほどお気楽でない。いつもはスキーで10分もかからず下るのに...。コンクリートで固められた石畳の蛇行した道を駆け下りる。つま先が痛〜い。

子供たちが楽しそうに登ってくる。このなかから明日の山ヤ、いや、山ガール、山ボーイが生まれるのだろうか。


110718大観峰ロープウエイ 室堂からトロリーバスで大観峰へ。11月の連休のアルペンルートはいつもすごい混んでいて、1本ロープウエイを逃すと到着が1時間遅れることも珍しくない。そこで、みんなスキーを担いで駅と駅の間を走っての熾烈な競争になる。でも夏はみなさんのんびりしていて、ゆったりと乗れる。
大観峰から黒部平までは日本唯一の駅と駅の間に一本の支柱もない珍しいロープウエイだ。

110718黒部ダム観光放水

黒部平から黒部湖まではケーブルカー。そしてトンネルをぬけるとそこは黒部ダム。ダムから大迫力の観光放水をしていた。冬には決して見られない姿。




ダムの上では中国語をそこここで聞くことができた。地震で足が遠のいた、海外からの観光客もボチボチ戻ってきたようだ。


110718大町温泉郷 黒部ダムからトロリーバスに乗って扇沢到着。それにしてもアルペンルートの交通費は高い。扇沢に出ないで富山に出てぐるりとまわって帰ったほうが安かったかも。
扇沢からギュウギュウの大町行きバスにゆられ、途中の大町温泉郷で自分ひとり下りる。もちろんここで温泉に入るためだ。それにしても、他の乗客の皆さんはあんな汗臭いばっちい姿で電車に乗るんだろうか...

(薬師岳 完)

今回のコース




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走

2011年08月03日

モンベル・アルパインパック60〜バックパック

テン泊用のザックは過酷な使用がたたって、底がメッシュになったあげく破けてしまった。しばらくガムテを貼って騙し騙し使っていたのだが、もし岩場の途中で底が抜けて、装備を谷底にばら撒いたらシャレにならない。しかたなく新調した。


ザック選びの基準は

  • 軽いこと:機動性重視、山スキーのときは特に重要
  • 余計な飾りがないこと:ザックの外側にいろいろ付いていると、バスや飛行機に乗せるときに難儀する。
  • サイドにスキーがつけられること

だ。


110803モンベル・アルパインパック1 そして選んだのは
モンベル・アルパインパック60

薬師岳山頂で撮った写真でご紹介。

60ℓでこのクラス最軽量の1.65kg。軽い!しかし、本体の生地は330デニール・ナイロン・リップストップでしっかりしている。

ご覧のとおり、”のっぺり”と言っていいほどアクセサリーは付いていない。しかし、サイドストラップやピッケルホルダー、各部の調節機能など必要なものは付いている。

よくよく見ると軽量化のためにかなり独特の作りになっている。

110803モンベル・アルパインパック2 サイドストラップ(サイドベルト)が細く、本体との接合部が狭い。大丈夫かいな〜、と思ったが、説明書には「スキー板を素早く固定できるサイドリリースバックル使用」とあるので、スキー板をつけることを想定した強度にはなっているのだろう。

110803モンベル・アルパインパック3 背面の構造も独特だ。背中のパットは硬い。押してもへこまないスポンジのよう。それで背中に空間を確保し、風が通るようにしているらしい。
またウエストベルト(ヒップベルト)は、普通のザックでは腰全体を包むようになるが、このザックはパットが小さく、腰骨のところだけに当たるようになっている。ベルトの上下の位置は5cmくらい調整できる(マジックテープで固定)。

背負ってみた感じは同クラスのザックと遜色ない。軽いだけ背負いやすいかも。


しかし、ザックの特性ではなく、私自身の特性による細かい問題があった。


まず、もう2cmほどウエストベルトが下にあって欲しかった。私は身長180cmほどあるのだが、ちょっとザックの背が短い気がする(私の胴が長いだけ、との説あり)。

また、背中とウエストの硬いパットが悪さをする。私は皮下脂肪が少ないので(やせすぎ、との説あり)、どんなザックでも腰がザックずれになりやすい。それでこの硬い「当たってる」感が大きいパットで、見事に腰と背中がザックずれになってしまった。

そして最大の問題は、やっぱりこの背面の硬いパットだ。テントで寝るときに、背中が石でゴツゴツしているときや積雪時で背中が寒いときには、いつも空っぽのザックを敷いてその上に寝ている。ところが、このザックの背面パットが硬いために、ザックを敷いてもまるで石ころの上に寝ているような感触だ。う〜ん、つらい。


克服すべき課題のあるザックだが、上の3点の問題なんて、私、関係な〜い、という人は軽量ザックとして検討する価値があるだろう。


←楽天市場でチェック




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 23:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山のアイテム

2011年08月10日

自分で下りれや!

白馬岳から祖母谷温泉に下山する途中、清水岳でのことだった。濡れた岩で滑って転びそうになり、それを変な姿勢でこらえて太もものの肉離れを起こしてしまった。肉離れは骨と筋肉の接合部がはがれてしまう怪我で、筋肉に力が入らなくなり、動かすと激痛がはしる。


そのときはリーダーだったので、引きつった笑みを浮かべながら、大丈夫、大丈夫と言って、テーピングで固定し下山を続けた。片足を引きずりつつ脂汗をたらしながら...。6時間後、祖母谷温泉に到着。テントを張って、立っているのもしんどくて中に倒れこんだ。痛めた右足をかばいながら下りたので、左足の膝が痛む上に靴ずれがひどかった。


翌日、やっとのことで琴平に下山。富山を経由して東京に戻ったときにはすでに日は暮れていた。怪我をした足は、足首あたりから太ももの付け根まで、内出血で真っ赤に腫れボンレスハムのようにパンパンになっていた。通行人が見てはいけないものを見てしまった、というような表情で傍らをすぎる...そりゃ〜、肉離れをしたまま数時間歩き、2日もほっておいたのだから尋常じゃない。


そしてその翌日、やっと医者に行った。歩けないので、自転車に乗って左足だけでこいでいった。かかりつけの外科医は、「こんなの見たことない、血管炎かもしれない」とか言うので、「単なる肉離れです。肉離れの治療をしてください」と私が勝手に診察して、肉離れの治療をしてもらった。結局、普通に動かせるようになるのに3週間かかった。


なんでこんな痛い話をしたかというと、


「富士登山、携帯でSOS…有料知ると自力下山」(8/10 読売新聞)


はじめっから自分で歩いて下りれや!


最近では富士山に限らず、疲れて歩けない、とか、手を怪我したとか、まるでタクシーを呼ぶかのように救助を求める人が増えているらしい。


言い古されたことだけど、山は「自己責任」。そして、ほとんどの場合、登山とは単なる遊び。だから他人に迷惑をかけてはいけない。と言うことが登山の心得と教わってきたし、実際そう思う。

なので、救助を呼ぶのは自分ではどうにもならないときの最後の手段だ。命に別状がないならば、意地でも自力で下りる。もし、その心得を破ったらそれ相当の代償を払わなければならない。それは救助費用かもしれないし、事故報告書を書いた上で、ある程度の登山自粛かもしれない(山岳会では良くあるパターン)。


気軽に救助を呼ぶ困った人たちはどうしたらいいのだろう。野放しにしたら、本当に危ない人の救助に差し支える。やっぱり、救助費は実費負担にして、代償を払ってもらうしかない気がする。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 22:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2011年08月18日

劒岳<ちょっとだけ点の記>〜剱岳(1)

8/14 扇沢〜室堂〜剱沢キャンプ場

深田久弥の「日本100名山」の第48峰として、あるいは新田次郎の小説「劒岳<点の記>」の舞台として有名な剱岳に初挑戦。まず、「劒岳<点の記>」で柴崎測量官と長次郎が登った、長次郎雪渓に入り、そして途中から八ッ峰上部の縦走をして、北方稜線から山頂に至る、いわば<ちょっとだけ点の記>ルート。そして翌日、別山尾根の一般道から北方稜線にぬけるルートをとる。


110814扇沢アルペンルートチケット売り場 扇沢の駐車場で夜を明かし、黒部ダムへの始発バスの30分前に切符売り場に行く。そこにはすでに長い行列が...。出遅れると何時に室堂に着くかわからないので、切符を買ってすぐに改札の列に並ぶ。

110814室堂みくりが池

始発のロープウエイには乗り損ねたものの、まあまあ順調にアルペンルートの乗り物を乗り継ぎ、9時前には室堂を発つことができた。


標高2500mの室堂の空気はすがすがしい。下界のじめっとする暑さとは無縁だ。空は青く晴れわたり、空を映す、みくりが池も青く澄んでいる。


110814室堂地獄谷

高山植物が咲き乱れる室堂から北へ下ると、荒涼として草木の生えぬ地獄谷。いたるところから亜硫酸ガスを含む白い噴煙が湧き上がり、岩は硫黄で黄色く染められ、そして目や喉がピリピリ痛む。


110814雷鳥坂を登る 称名川を渡り雷鳥坂を登る。ここはスキーで何度も登っているが、歩いて登るのは初めてだ。スキーより疲れるし、おまけに暑い。先月の薬師ほど気温は高くないが、相変らず日差しは 強烈だ。

110814雷鳥坂の花

汗をかきかき急登を行く。ちょっと足を止めて、足元のハクサンイチゲを撮る。


110814花畑の向こうに雄山を臨む


雷鳥坂の上部はお花畑だ。その後には雄山と白い夏の雲。


110814リンドウ

別山乗越の直下には白いリンドウが群生していた。


110814剣御前小舎 立山の主稜線上にある別山乗越に到着。ここには剣御前小舎があって、多くの登山者が休んでいる。さて、今日の登りは終了。室堂から雷鳥沢に沿って登ってきたが、あとは剱沢に沿って下るだけだ。
峠を吹き抜ける風が、汗をかいたシャツに冷たい。

110814別山乗越から八ッ峰

別山乗越から剱岳を眺める。剱岳はガスの中で頂を見ることができないが、そこから派生する鋸のような八ッ峰の下半分が見えている。明日行くのは上半分だ。


110814剣沢を下る


剱沢の左岸につけられた道を緩やかに下る。剱沢にはまだたっぷり残雪があり、雪が引いた場所はお花畑になっている。


110814剣沢の雷鳥


あっ、雷鳥だ。油断なくあたりを警戒するメスがいる。おそらく近くに雛が...と探すと、親鳥の足元の草がそわそわと動いている。姿は良く見えないが雛に違いない。


110814剣沢キャンプ場と剣岳


剱沢のサイト場が見えてきた。ガスはすっかり晴れ、幾多の岩壁や岩峰をまとった、大きく荒々しい剱岳が姿を見せている。いや〜、ロケーションがいいサイト場だな。


110814剣岳キャンプ場 1時過ぎに剱沢キャンプ場到着。すでにこの混雑。さっさとテントの場所を確保して、今日はほとんど何もしていないのにビールで乾杯。
水もトイレもしっかりある快適なサイト場だ。だが、6時過ぎにやって来て9時過ぎまで騒いでいる、常識知らずの不心得者(不心得パーティー?)がいる。メジャーな山では避けられない宿命なのか...

次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 01:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走

2011年08月19日

八ッ峰上部縦走〜剱岳(2)

8/15 剱沢キャンプ場〜長次郎雪渓〜五六のコル〜八ッ峰〜剱岳〜剱沢キャンプ場

前回の続き)

今日は長次郎雪渓から八ッ峰上部を縦走し、剱岳を踏んでまたキャンプ場に戻る。順調にいっても10時間ほどかかる長丁場、しかも午後にはひと雨あるとの予報だ。


110815長次郎雪渓夜明け前 2時に起きて3時ちょうどに出発。夜明けはまだ遠いが、月明かりのおかげで迷わず歩ける。キャンプ場から硬くしまった剱沢の雪渓をアイゼンをつけて下る。
平蔵谷、源次郎尾根の末端をやりすごすと左手に長次郎谷の出合だ。谷の長さの割には、源次郎尾根と八ッ峰に挟まれた入り口は狭い。傾斜は思ったほど強くなく、10本爪の軽アイゼンで難なく登れる。

ふと顔をあげると、正面に熊ノ岩が見えていた。

110815夜明けの長次郎雪渓を振り返る


振り返ってかなりの標高差を登ってきたことに改めて気付く。はるか上に見えていた八ッ峰の稜線もすぐそこに見える。


長次郎谷はそれほど傾斜はきつくなく登りやすい雪渓だが、岸にはいくつかシュルンドが開き、また、ときには漬物石くらいの落石が、雪の上をものすごいスピードで転がり落ちてゆく。十分注意が必要だ。それにしても後のレンズ雲が気になるぞ。天気の崩れは早いかもしれない。


110815長次郎雪渓熊岩

今回は八つ岩峰が連なる八ッ峰の上部、第六峰から登って七、八峰と縦走し剱岳の主稜線に出る。八ッ峰ではいちばんやさしいルートだ。熊ノ岩の右手に登り口がある。


ここでやっと太陽が姿を現した。剱岳北方稜線の岩々が朝日に染まる。


110815八ッ峰五六のコルへ

雪渓を離れ、アイゼンを脱ぎ、五峰と六峰のあいだの五六のコルを目指す。雪渓を離れたとたんに暑くなってきた。


110815八ッ峰のオコジョ

岩の上をチョコチョコ走り回っているやつがいる。オコジョだ。そちらには行かないから安心してくれ。


110815熊ノ岩のサイト場


五六のコルからは熊ノ岩の上が良く見える。岩と言っても実際は丘と言ったほうが大きさのイメージが近い。岩の上には平らなところがあり、テントが張れる。またこの岩の上には溝があって雪解け水も流れている。すばらしいテントサイト(本当は幕営禁止だけど...)。ここにテントを張って剱岳周辺のクライミングを楽しむクライマーが多い。


110815八ッ峰六峰の登り

さて、コルから六峰の登攀開始。ガイドブックには「登る」としか書いていないが、立派な岩場だった。しかも、今シーズンは全く岩に触れていないので不安...。確かに難しいところはないが、おそらく滑ったら命はない。念のためロープを出して、さらにトップをお願いする。


110815五六のコルと立山


2Pで岩場終了。五六のコルを見下ろす場所で写真を撮る。コルの向こうは今朝登ってきた長次郎雪渓、そしてその向こうには立山。日差しは強いが適度な風があって心地よい。


110815六峰Cフェースの頭

六峰山頂手前のCフェースの頭。たった今Cフェースを登ってきたクライマー達が、登攀の充実感を味わいつつのんびり休んでいる。


110815八ッ峰六峰の懸垂下降 六峰からの懸垂下降で下る。八ッ峰と言いつつも、実際は稜線は細かくアップダウンを繰りかして、いくつもの岩の小ピークがある。そして、必然的に懸垂下降を繰り返し、なかなか時間がかかる。

110815剱岳北方稜線チンネパノラマ

写真クリックで拡大

六峰の山頂で休憩。剱岳から北方稜線、八ッ峰、チンネと堂々とした岩のパノラマ。そしてその岩のてっぺんや細いリッジには、必ずと言っていいほど小さい虫のように人が取り付いている。「ビレー解除〜!」クライミングのコールが岩々の間をこだまする。さすが、剱岳、岩の殿堂だ。


次回に続く)




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 23:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。