2008年05月08日

カトマンドゥ世界遺産巡り〜ネパール・Island Peak(20)

20日目 スワヤンブナート〜パタン〜ダルバール広場

080508スワヤンプナート正面 カトマンドゥ周辺は「カトマンズの渓谷」として世界遺産登録されており、そこにはたくさんのお寺や史跡がある。前回ネパールに来たときには観光せずに帰ったが、今回は予備日を使わずにカトマンドゥに帰還したので時間はたっぷりある。
まずは市街の西の丘の頂上にあるスワヤンプナートに向かった。粘って半額に値切ったタクシーに降ろされたのは丘のふもと。そこから猿に囲まれながら、だんだん急になる長い階段を登って境内に行く。

080508スワヤンプナートの猿 境内の真ん中には文殊菩薩が建立されたと言う巨大ストゥーパが立っていて、お参りをしている人がいる。でもお参りしている人よりみやげ物を売っている人のほうが多く、それよりも猿のほうが多い...

080508スワヤンプナート寺院 ストゥーパの右手の僧院ではお坊さんたちがお経を唱えていた。「写真撮影ウエルカム、でもお布施は忘れずに」と言う趣旨の看板があったので、ありがたく撮影させてもらう。撮影している足元では読経にあきた小僧さんたちが走り回っていた。

080508パタン 階段の下にいたタクシーに乗ってパタンへ。パタンは17世紀ごろ首都だった古都で、ネパールの京都と言うべきものらしい。車がパタンに近づくと、道は狭くなりごちゃごちゃとした路地が入り組んだ街に入る。そして、突然、開けるとそこがパタンのダルバール広場だ。ここにはクリシュナ寺院をはじめとした大きなお寺が建っている。

080508パタン博物館 パタン博物館のレストランで食事をしていると、博物館の職員がやってきて、ぜひ博物館に入れと言う。250Rsで高いので断ったが、何度もやってくるのでとうとう根負けして入館した。期待はしていなかったが、しかし、そこには様々な仏像やヒンドゥー教の神像があって面白かった。250Rs(約400円)をケチるもんじゃないな。

080508ゴールデンテンプル ダルバール広場の外は普通のぼろい街だが、普通の民家にはさまれるように点々と寺院が建っている。本当に京都みたいだ。その一つゴールデン・テンプルにやってきた。タイのワット・プラケオを想像していたが、かなりちっちゃくて地味な寺だった。七五三のようなことをやっていて、境内は着飾った子供と大人達がすし詰めだった。そう言えば、今日は結婚式もよく見る。大安か?

080508さいばば ゴールデン・テンプルからゴミだらけ、人だらけのクンベシュワール寺院をまわり、そしてダルバール広場に戻る。そしてその途中、日本では忘れ去られたサイババに出会った。

080508ダルバール広場シヴァ寺院 カトマンドゥの市内に戻ってきた。ここは旧王宮のあるダルバール広場。広場の中心にあるシヴァ寺院に登る。そこには大勢の人がいて本を読んだり、ただボケーッとして涼んでいた。広場には他にもシヴァとパール・バーティの中睦まじい神像の置いてあるシヴァ・パールバーティ寺院や、ネパール最古の建築物のカスタマンダプ寺院などがある。

080508カーラ・バイラヴ 王宮のわきを通り過ぎると、ユーモラスでかわいい石像があって若者達がお祈りをしていた。カーラ・バイラブの像、シヴァの化身で恐怖をつかさどるらしい。

080508インドラ・チョーク ホテルまでもう少し。インドラ・チョークの通りを歩く。タメルが観光客の街ならここは地元民の街だ。鍋釜といった生活用品から食品、自転車まで日常必要なものがすべて売っている。とても活気があり、タメルを歩いているより楽しい。

080508ネパール山岳協会 ホテルで一休みしてから、テイスティングできる茶屋へ最高級イラムティーを買いに行った。ネパールの東端のイラムはインドのダージリンに接し、上等な紅茶が作られている。
その道すがら、サーダーがネパール・山岳協会に連れて行ってくれた。ここが我々の登山の許可をだし、そして私のIsland Peak登頂証明書を発行してくれた。玄関の横にはトレッキング・ピーク33座の写真がある。次はどれにしようかな。

080508RumDoodle お茶のテイスティングでお腹がガポンガッポンになったあと、夕食にタメルのRumDoodleへ言った。この店はピザを食べてビールを飲むようなふつーの店だが、壁一面が著名登山家が書いたものから無名トレッカーのものまで、足跡形のたくさんの色紙で埋め尽くされている。我々の色紙もそこに加わった。






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:ネパール
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。