2008年08月31日

指導員講習...(汗)

080831クライミングウォール クライミング訓練に参加しても本番に行かない今日この頃...でも今日はちょっと気分を変えて指導員講習に参加した。それは自分のクライミング技術の講習ではなくて、人に教えるときの教え方を学ぶ講習だ。へたっぴな私が教えていいのか?という、究極の問題はとりあえず置いておく...
講習はこのクライミングウォールで行われる。

080831クリップ まずはクライミングの基礎とフリークライミングについて。制動器について説明があったあと、制動器の使い方をどうやって初めての人に教えるかを学ぶ。誰もが最初はあのちゃちなATCで大の大人を止められるのか不安だもんね。そして、トップロープでの確保について学び、次にリードの仕方へ。
初心者にリードを教えるときは、まずはクリップのしかたから。こうやってクイックドローをゲートの向きをかえて並べ、順々にフォアハンド、バックハンドとクリップしながら進む。これを繰り返して慣れるのだ。
この次に実際のリードの仕方や、リードでの確保について学んだ。教え方を学ぶだけでなく、自分の知識、技術の確認の意味でとても勉強になる。

080831制動 制動訓練もやった。トップロープの先に60kgの古タイヤをつけ、それをウォールの頂上から落とす。それを肩がらみでとめるのだ。今時、肩がらみ?と言う意見は聞かないことにする...基礎である。ザイルをうまく流してやらないと瞬間的にタイヤに体を持っていかれる。これは一年に一度は必ず練習しているのだが、一年に一度だと次にやるときにはコツを忘れていてどうもうまくいかない...

今日は暑くて、日陰のない講習会場は灼熱地獄だった。しかし、やはり基礎からしっかり学ぶことは重要でとてもためになる、そして面白い。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山
posted by 惰性人 at 23:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山登り〜訓練
この記事へのコメント
こんにちは。
岩や、沢にはチャレンジしたいんですけどね。
時間がなくて、しっかり勉強できないでいます。

単純に、晴だー登れーと、走り回ってしまっているのですが。
そろそろ山の楽しみ方の幅を広げる意味で、勉強必要ですねー。

Posted by atsu510 at 2008年09月01日 23:56
岩、沢、雪稜と技術を身につけるとどんどん世界が広がりますよ〜。
沢と縦走を組み合わせて雲ノ平をつっきるとか、面白いコースをとれるようになるしね。

私も今シーズンから本格的にアイスをやろうと思ってます。
お金と時間がどんどん足りなくなります...
Posted by 惰性人 at 2008年09月02日 21:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。