2008年09月12日

デカッ!北京空港〜北京、秦皇島(1)

1日目 成田〜北京

今回の旅の目的は万里の長城の東端、老龍頭。砂漠の真ん中にある万里の長城の西の果て寡峪関、漢長城を去年見てきたので、今年はぜひ反対側に行きたいと思っていた。

080912成田空港 ちょうど夕日が沈むころ搭乗。なんか小さい飛行機だな、と思ったらボーイング767だった。成田〜北京は便数が多いので小さい飛行機でいいのだろうか?乗ってみたらかなり席が空いていた。

080912機内食
機内は座席の配列が2−3−2となっていてゆったりしている。シートもリクライニングを倒さずに快適に座れる。さすがJAL。食事もいつも使っている某米系航空会社より良かった。ただワインのミニボトルは個人的に嫌い。

080912北京空港 機内では個人用モニタで映画を1.5本(2本目の途中で着いてしまった...)見た。選べる番組が50くらいあって迷ってしまった。
雲の中を降下し、北京首都国際空港に到着。デカッ!。窓から外を見ると飛行機が並んでいるのが見える。ずら〜っとならんでいて、やがてはるか彼方でかすんで見えなくなる...かすんで見えなくなるほど飛行機が並んでいるのをはじめて見た。

080912北京空港ビル 空港のターミナルビルもでかかった。たぶん私が入った建造物で一番でかいのではないだろうか。でもほとんど単なる空間で無駄な気もする。だいたい、飛行機を降りてからゲートまでが遠い。
入国するために税関申告書が要らなくなっていた。が、パラリンピック開催中のためか荷物検査は増えていた。

080912機場快線 空港から市内へはオリンピック直前に開通した首都機場快線を使う。第三ターミナルから東直門をおよそ30分で結ぶ。25元。これに乗るにも荷物検査を行う。ホームには液晶テレビが備えられ、パラリンピックを放送していた。列車もホームも中国じゃないみたいにきれいだった。
列車に乗り、10分ほどして停車した。第二ターミナル駅だった。でかいにも程がある。

080912北京駅 順調に北京駅に到着。駅前は人、人、人。そして沢山の警官と警察車両。暑苦しい。(実際30度近くあるんだけど...)今夜は駅から5分ほどの中安ホテルを予約してある。駅に近いのでとても便利。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106671770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。