2008年11月16日

レスキュー訓練参加

登山とは私にとってなくてはならないものだが、他人から見れば単なる危険な遊びだ。

だから、登山者として自分の身は自分で守らなければならないし、その自分の行為で他人に迷惑をかけてはいけない。

自己責任の原則だ。

それゆえに、計画書を書き、様々な知識を学び、日々、トレーニングや訓練に励まなければならないのである...

と、能書きはこれくらいにして、クライミングのためのレスキュー訓練に参加してきた。
雨が降ったりやんだりのかなり盛り下がる天気だったが、講師は事故の起こりやすいこんな天気は絶好の訓練日和だ、とのこと。

081116懸垂下降 本日のメニューは、懸垂下降と確保でのロープの結節点の通過法、負傷者を降ろすためのカウンター・ラペリング、引き上げシステム、宙釣りになった負傷者を懸垂下降で降ろす方法だ。
まずは懸垂下降での結節点の通過の講師による実演。ビレイ・デバイスより上にセットされたタイブロックにシュリンゲがムンターヒッチ、ミュールを介してハーネスに固定されている。写真はこの状態でビレイ・デバイスをはずしてロープの結び目の下に付け替えているところ。

081116カウンターラペリング1 カウンター・ラペリングの練習はいつもながら緊張する。ビルの4階くらいの高さから、壁沿いに懸垂下降で人を降ろすのだ。おまけにシステムがやや複雑で、連結点が5ヶ所ある。1つでも間違えると命にかかわる。

081116カウンターラペリング2 システムを確認し、いざ降下開始。う〜ん、高いな。
自分でやったらタイブロックのバックアップが途中で締まってしまった。もう高さを気にするどころかぜんぜん滑らず、無理やりロープをビレイ・デバイスに送ったり(反則技)下りていくのにひと苦労。

081116懸垂救助 ぶら下がっている負傷者を懸垂下降で助けに行く訓練もちょっと緊張する。負傷者をシュリンゲを介して救護者のビレイ・デバイスにつないで、負傷者のロープをナイフで切断するのだが、このとき、負傷者と救護者の高さがぴったり合っていないと、ロープを切ったときに負傷者がシュリンゲのたるみの分だけ自由落下して、かなりの衝撃を受ける。救護されるほうが緊張するのだ。
緊張しながら訓練している横では引き上げの訓練をしている。こちらは主に力技。人ってなんて重いんだろう。

この訓練にはだいたい毎年参加しているが、今回から用語が国際標準の英語に統一された。いきなりムンターヒッチと言われてびびった。しかし、海外で、

半マスト結び!

などと不可解な(日本語+英語+日本語)言葉が通じるわけがないので、当然と言えば当然だ。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜訓練
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。