2008年12月20日

初滑り!!〜神楽峰

神楽スキー場〜神楽峰往復

081220かぐらスキー場 待ちに待った初滑りにかぐらスキー場に向かった。ゲレンデから神楽峰を往復する予定だ。しかし、関越自動車道を北上しても一向に雪があらわれない。国境のトンネルを抜けてもそこは雪国ではなかった...かぐらスキー場の駐車場からの景色はこのとおり。とてもオフピステを滑るような雰囲気ではなく、不安になる。

081220ゲレンデトップ ゴンドラとリフトを乗り継いでかぐら高速第一リフトのトップへ。多くのコースでは地べたの茶色が見えていて、スノーマシーンフル稼働といった感じだった。ここまで来るとさすがに雪はあるが、木々が青々としている。確か以前、来たときには、ここは背丈を越える雪の壁だったような...不安を抱えたまま、スキーにシールを張って歩き始める。

081220のぼり 顔にピシピシ当たる藪の中を木々の間を縫うように、蛇行しながら30分ほど登ってゆくと、やっと十分滑れるくらいの雪が出てきた。それでもこの天気にしてはなかなか軽い雪で、さっきまでの不安は吹き飛んで、だんだん滑降が楽しみになってきた。

081220道標 夏道の道標が頭を出している。神楽峰の豪雪のイメージからするとかなり雪が少ないが、しかしこれだけあれば滑るのには十分。

081220太陽 今日は雲も風も全くなく、輝く雪面に太陽が容赦なく照り付けている。気温が10度近く、登っていると暑くて汗が吹き出してくる。空気も澄んでいて、谷川連峰から越後三山、そしてその向こうの燧岳から平ヶ岳まで雪をかぶった山々の連なりが、途切れることなく見える。最高の天気だ。

081220山頂 神楽峰手前のピョコに到着。ここから神楽峰はすぐ近くだが、雪が少なく、かなりボコボコしていて歩きにくそうなので、このピョコを本日のゴールとする。スキーを脱いでお茶にする。頂上からは苗場山がすぐそばに大きく見え、さらに鳥兜山や妙高、そのバックには視界を横切るように後立山連峰が見えている。北に視線を移すと、黒々とした日本海が広がっていた。

081220滑降 シールをはずして滑降開始。やっぱり快適な新雪だ。眼下に広がる山並みもすばらしい。初滑りで足が慣れていないせいか、ちょっと思い通りにスキーを操れないが最高の気分だ!が、ほんの十数分で快適なエリアは終了し、ゲレンデに戻ってきた。つかのまの初滑りだった...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。