2009年01月10日

真っ白痛寒い...〜乗鞍岳(1)

1日目 乗鞍高原スキー場〜乗鞍スカイライン2550m 往復

090110ゲレンデトップ 予定は乗鞍高原スキー場から乗鞍岳を越えて、平湯温泉スキー場までの1泊2日のツアー。だが予想通り冬型の気圧配置で大荒れの天気。強風でリフトが止まる状況では、とても稜線に出れないだろうと、乗鞍岳までの日帰りに予定変更した。
ゲレンデトップから切り開きに沿って登る。こんな天気でも入山する奇特な登山者がちらほら。

090110切り開き終了 何も考えず切り開きを登ってゆく。樹林帯なので風も弱い。しかし、相変らず雪が舞い、乗鞍岳は厚い雲に覆われて見えない。この切り開きは2350mくらいで終わり、そこでボール状になっている。その上部で弱層がはがれているのが見えた。雪崩れそうだ。先行パーティーはこの下を横切って、右の尾根に取り付いた。手元のガイドブックでもそうなっているが、我々は雪崩が怖いので、左手の沢沿いの小尾根を登った。こちらのほうが安全だ。

090110スカイライン 森林限界線を超えると横殴りの吹雪に、濃いガスでホワイトアウト。気温も-10℃を下回り、手袋をしている指先が痛い。目帽も凍り付く。クラストした雪面はスケートリンクのようにツルツルカチカチでシールも効かない。それでもコンパスを切りながら無視界で前進し、じわじわと高度を上げる。が、ぜんぜん楽しくないので、狙い通り2550mでスカイラインに出たところで、今日は打ち切りとする。

090110滑り出し 滑降開始。悠長に写真など撮っていると、ガスで先行者を見失いそうだ。それでも、樹林帯では新雪がたっぷり積もり、スキーの浮遊感は最高、雪煙を上げながら爆走する。しかし、2時間半かけて登った斜面20分で滑り降りてしまった。つかの間の幸せ。

090110湯けむり館 ゲレンデに戻り、乗鞍高原の入り口にある「湯けむり館」で温泉につかった。やや緑かかった乳白色の硫黄泉。源泉かけ流しでいい湯だ。それに休憩室も、大きな暖炉があるロビーにソファーが並べてあって、ホテルのロビーのようなゴージャスかつ落ち着いた雰囲気だ。湯から上がり、「こけももソフト」なるものを食す。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。