2009年02月14日

バーティカルな氷に挑戦!(1)

氷を登ったことはある。
アイランド・ピークの垂直に近い懸垂氷河もピッケルのピックを引っ掛け、アイゼンのフロントを引っ掛けして登った。
しかし、バーティカル(垂直)な氷を登らないと、世間では氷を登ったとは言わないらしい。
そこで垂直な氷を攻略すべく、誘われるがままに人生初アイスクライミングに行った。

090214霧積館 早朝に出発し、昼前には目的地に到着。場所は群馬県、妙義山に近い霧積温泉。そして今回はテントではなく、豪勢にこのひなびた温泉宿、きりづみ館に泊まる。(アイスクライミングではなく、単に温泉に宴会に来たとの説もあり...)
それにしても、このあたりは登れる氷瀑がいっぱいあると聞いていたが、氷どころか雪さえほとんどない...

090214氷瀑 目指す氷瀑は宿から歩いて5分。この岩にこびりついている氷に登るのか?登れるのか...?
去年はこの壁から地面から、いちめん氷に覆われて真っ白だったらしい。今年はあまり凍ってない上に、暖かいので融けてしまったそうだ。そりゃそうかも、恐ろしいことに、ただいまの気温15度。ぽかぽか陽気だ。

090214アイスクライミング 氷が少なかろうがなんだろうが、来たからにはやる。滝の上にトップロープを張り、先輩がまずお手本にサクサクと登って見せたあと、いざ初アイスに挑戦!
...1回目は無我夢中の力技...誰だ、どこにでも足を置けるから、フリークライミングより簡単だなんていった奴は!どこにも足を置けないじゃないか...アックスも一発では決まらずに金槌状態。その心もとないアックスに体重をかけて腕力でずり上がった。
でも、先輩よりアドバイスを受けて2、3回と登るうちになんとなく大切なことが分かってきた。フリークライミングより三点のバランスが大切。軽いアックスは大き目のストロークで振って、手首のスナップを利かせて打つ。アイゼンは踵を下げて、氷に置くように決める...でもなかなか難しい。

090214クライミングギア 今回のアックスの数々。へたな山屋よりもいろんな種類が並んでいる。それも、人によってさまざまな改造がされていて、どれとして同じものはない。

090214夕食 夕方には早々に切り上げて、まずはスポーツの後の水分補給に地酒を一杯。そして温泉につかって食事。山あいの宿らしい素朴だがうまい夕食だ(写真のメニューにさらに天ぷらがつく)。そして、本格的に宴会開始。みんなで大声で山の歌を歌いだし、大盛り上がり(大迷惑)だった。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜訓練
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。