2009年03月20日

訓練にはもったいない〜妙高・火打山(1)

1日目 妙高杉ノ原スキー場〜三田原山〜黒沢池〜高谷池

裏磐梯のスキー訓練に参加できなかった仲間のために、妙高から火打山のスキー訓練を企画した。訓練ではあるが、山深い重量級の山々が楽しめそうだ。

090320妙高杉ノ原 朝、杉ノ原スキー場は雨。ゲレンデ上部も完全にガスに覆われている。しかし、移動性高気圧が徐々に張り出してきているはずなので、雨の切れ目をついて出発した。

090320シブタミ沢 ゴンドラとリフトを乗り継いでゲレンデトップに出たときには、晴れ間が広がり始めていた。シールを貼って、日焼け止めを塗って出発、すぐにシブタミ沢を渡る。例年なら新雪雪崩を警戒する場所だが、今年は雪は既にザラメで、雪庇が一部崩れ雪球が転がり、どちらかと言うと底雪崩の危険を感じた。

090320黒姫山 ガスが切れて周囲の山々が見えてきた。南には黒姫山や先日行った佐渡山、飯縄山が見える。それにしても暑い。取り付きの急登で汗だくだ。気候も雪もまるでGWのようだ。

090320木 標高が上がるにつれて、風は冷たくなり、雪もサラサラしてきた。樺の幹にも雪が風で吹き付けられている。

090320妙高外輪山 山の天気は変わりやすい。外輪山の稜線に出たとたんに、冷たい強風と濃いガスの洗礼を受ける。さっきまでフリース1枚だったが、あわてて冬山用ジャケットを着こんで、雪庇の付け根に沿って、よたよたと三田原山を目指す。

090320三田原山 三田原山の山頂では景色は全く見えず。休む暇もなくシールをはがす。強風にあおられ、はがしたシールがバタバタとはためく。

090320三田原山2 三田原山山頂直下から、本日、最初で最後の滑降開始。滑り始めは風でガチガチに固められた、かろうじてエッジのかかるクラストした斜面を滑る。ガガガーと音を立てながらほとんど横滑りで下りて行く。

090320黒沢へ 三田原山から二つ目の沢から黒沢池に下る。上部はガチガチのアイスバーンだが、高度を下げるにつれて、雪が軟らかくなる。とは言え、かなり重い雪で初心者には辛そうだ。全くシュプールの見えない正面の真っ白な黒沢池と黒沢岳に向かって、気分良く滑りこむ。

090320黒沢池 黒沢池は広い。まっさら、真っ白な平原が広がっている。風はまだ強く、地吹雪がまっ平らな雪面の上を流れてゆく。

090320茶臼山 黒沢池ヒュッテを確認し、茶臼山への登りにかかる。ウインドクラストした硬い雪面をスキーでバリバリ割りながら、一歩一歩登ってゆく。天気は青空が広がったり、強風にあおられたガスに覆われたりと、めまぐるしく変わる。

090320妙高山 振り向くとここまできたルートと妙高山の溶岩ドームが見えた。晴れて青空が見えているが、雪煙が舞い、全体的にもやがかかっているように見える。

090320火打山

黒沢岳と茶臼岳の鞍部に出ると、突然視界が開け、火打山が姿を現す。日本海からの季節風に直接さらされている火打山には、まだ雲がかかっている。雪に覆われた火打山は、樹木がほとんど見えず完璧な雪のドームと化している。明日の滑降が楽しみだ。

090320夕暮れ 高谷池ヒュッテそばにテントを張って、今日の行動を終了する。まずは宴会、そして食事の準備。テントの出入り口から外の様子をうかがうと、空は晴れわたり、火打山にかかる雲も消えていた。明日の天気は期待できそうだ。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。