2009年04月07日

POWER TANK〜ボールペン

筆記用具は登山の必需品だ。
行動記録をメモしたり、天気図を描いたり。

で、何を持っていく?

昨シーズンの冬山では、油性ボールペンと普通のメモ帳だった。

しかし、油性ボールペンは水性ボールペンのように凍ることはないけれど、寒くなると異常にインクの出が悪くなる。

うお〜、書けね〜!

などと、手帳の隅にグルグルと渦巻き模様を書いて、なんとかインクを出そうとする。
そして、手帳はグルグルで埋まってしまう。

しまいには、ペンを口にくわえて温めてみたり、吸ってみたり...

090407PowerTank そんな不毛な戦いとも今シーズンはおさらば。

uni POWER TANK (三菱鉛筆)

インクが加圧されているボールペンだ。

売り文句は、

・速書きしても線切れ、カスレが起こりにくくなっています。
・水を巻き込むことがないため、水に濡れた紙への筆記も可能です。
-20℃の低温下でも筆記できます。

だ。-20℃だよ。おい。

今シーズンの冬山は、このボールペンとあわせて、どこを探してもメーカー名の書いていない、TSUTAYAで買った水をはじく紙のメモ帳を使った。

-20℃には持っていかなかったが、-15℃くらいでも確かに書ける。
インクの出が悪くなって、細芯並みの線になってしまうのはご愛嬌。

そして多少雪がメモ帳についても手袋で払えば書ける。
濡れてしわになったり、ペン先が紙に引っかかったりしない。

これからの筆記用具はこれだろう。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 21:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山のアイテム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。