2009年09月20日

初心に帰る山、雲取山へ〜奥秩父東部縦走(1)

1日目 奥多摩駅〜鴨沢〜七ツ石山〜雲取山〜雲取山荘

山で事故を起こしてちょっと山を控えていた。
だが、連休の天気予報があまりにもいいので、居ても立ってもてもいられなくなった。それで、休み中の予定を変更して山に行くことにした。

そう言えば、最近、手や道具を使って山に登ってばかりで、まともに歩いていないことに気付いた。よし、気持ちを入れ替えるために、ここは初心に帰ってガッツリ歩こう。

でも、どこへ?
この連休中はどこの山も混みそうだ。喧騒の山に行っても、本当の山の良さは分からない。北アなんぞ目も当てられない...

そうだ、奥秩父へ行こう!

それも飛龍山を中心とした奥秩父東部主稜線だ。沢登でつまみ食いはしたことはあるが、縦走したことはない。地図を見るたびに、こんな何もない所を縦走することは、一生ないかもな〜、などと思っていた。

みんな北アや南アに遠出していて、連休にこんなところに来る人はよっぽどの変わり者だ...きっと静寂の山が満喫できるに違いない。

そして縦走の起点、雲取山は、高校生のとき初めてリーダーをやった山だ。初心に帰るのにちょうどいい。

090920鴨沢 奥多摩駅からバスに乗って鴨沢へ。なんと、バスが増便されている。物好きは多かったか...

満員のバスが唸りながら出発する。空は雲ひとつない青空。開け放った窓から吹き込む風は、パリッとした冷たい風だ。
ほとんどの人が鴨沢で降りる。鴨沢には去年、なんどか通ったが、こんなに大勢の人は見たことない。

090920鴨沢から出発 鴨沢バス停の向かいの階段から登山開始。始めは民家の横を歩いてゆく。

それにしても頭が痛い。昨晩飲みすぎたわけではなく、ここ2週間ほど仕事が忙しくて、肩こりから頭痛にきてしまった。こんななまった体でガッツリ歩けるだろうか...

090920登り尾根

集落を抜けると、森の中のトラバース道を行く。明るい広葉樹林と植林の針葉樹林が交互に現れる。強い日差しは木々が遮ってくれるが、風がほとんどなく暑くて、背中にびっしょり汗をかく。

090920祠 道は小袖の集落の上を通っているが、その辺りでは、廃屋があったり、小さな祠があったり、山の人々の生活が感じられる。

090920七ツ石小屋手前の富士 七ツ石小屋の手前でやっと景色が見えた。富士山だ。

鴨沢ではあんなに人がいたのに、歩いているとほとんど人に会わない。でも休んでいると、じゃんじゃかぬかされる。道がいいので、みんなほとんど同じ速さで歩いているのだろう。

090920石尾根 やっと雲取山からの主脈、石尾根にでた。ここから道は、まるで林道のように広くてなだらかになる。

090920七ツ石山山頂

正午に七ツ石山山頂到着。
あれ、人がいない。正確には3人しかいない。あんなに登っていた人はどこへ行った?
まあいいや。
山頂ではちょっと長めの休憩を取り、爽快な景色を3人じめした。

090920奥多摩小屋 広い道をのんびりと奥多摩小屋へ。年代を感じさせる小屋は周囲の森と同化していた。

小屋のベンチで、明日行く飛龍山をバックに小屋の猫の写真を撮った。

090920小雲取山 小雲取山(と言っても、雲取山の肩)へのちょっと急な登りを終えて、来た道を振り返る。登山道が林道のようになっているのが分かる。防火帯なのかな。

090920小雲取からの富士

七ツ石山からは登山道の南西が開けていて、ずっと富士山が見える。オブジェっぽい木を見つけて、富士山と一緒に撮ってみる。

090920雲取山避難小屋 雲取山避難小屋が見えてきた。山頂はもうすぐだ。
と、登山道を自転車で下りて来る人がいる。おいおい、道を壊すな。

090920雲取山頂から振り返る

最後のひと登りで避難小屋の前にでた。
ここまでの道を振り返る。いつでもそうだが、山頂から、ここまで来た道を振り返っては、よく来たな〜、と思う。

090920雲取山頂から富士

1分もかからず山頂。空は深く青く、空気は澄み渡って、南アの山々一つ一つが分かるほど。冬でもないのにここまで見えることはそうあるまい。
さすがに山頂には10人ほど人がいた。しかし、皆、言葉を発することなく、静かに景色を見つめながら、思い思いの時を過ごしていた。

090920雲取山荘へ あとは今日のサイト場、雲取山荘へ下るだけ。道は今までとうって変わって、苔むした深い針葉樹をぬってゆく。

090920雲取山荘 突然、小屋が現れた。以前来たときより巨大化してる...
サイト場はどこへ行ったかと思ったが、小屋の下の道沿いに、木陰付きの快適な場所があった。2番手だった。

090920雲取山荘の水場 山荘の水場。なんと、あなたしだいで10才若くなります!??これは飲むしかない!
そう言えば、頭痛が治まったような...

090920雲取山荘での夕暮れ McClelland's ISLAYを若返りの水でTwice upにして飲み飲み、ナッツをつまみ、いい感じで気象通報をとる。
高気圧が縦にピーナッツのような形をしている。天気予報は外れた。早々に崩れるだろう。
それにしても、今日はISLAYのピートの香りとナッツが合うな〜。若返りの水のせいか?

テントの外に出れば、太陽は静かに山の端に沈もうとしていた。ここに来たのは正解だった。いい一日だった。

夜、と言っても8時くらい。隣のテントで男2人が語り合っていて、うるさくて眠れない。早く寝ろとは言わないけど、他のテントはみんな静かなんだから、もうちょっと気を使ってくれよ...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
北ア、予想通り、めちゃくちゃ、混んでました。
クライマーがほんとうらやましかったです。ま、山荘つけば結局混んでるんでしょうが。
雲取も混んでるんですね。。。登山人口って増えてるんでしょうかね。ちなみに、雲取から、どこまで抜けました?甲武信まで行きました? 

Posted by atsu510 at 2009年09月24日 11:18
雲取山荘の人が言うには、いつもの週末よりテントは少なかったみたいです。雲取山〜将監峠はほとんど人に会わず、怖いくらいでした。
甲武信の予定でしたが雁坂峠で抜けました。明日、その理由が明らかに...(たいした理由ではないですが)。
Posted by 惰性人 at 2009年09月25日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。