2010年02月21日

モンスターの集う山〜西吾妻山

グランデコ・スノーリゾート〜西大巓〜西吾妻山〜二十日平〜グランデコ・スノーリゾート

東北の日曜日の天気予報は曇り後晴れ。2月の休日に東北で晴れに当たることはあまりない。これはチャンスと、今まで晴れに当たったことのない西吾妻山に滑りに行くことにした。


100221グランデコ駐車場

前日の夜に東京を出て、五百川パーキングエリアで車内泊。パーキングはトイレも自動販売機もあって、快適な宿泊場所だ。


朝起きて車から出てみると、見事に晴れていた。期待に胸おどらせてグランデコ・スノーリゾートに向かう。駐車場から見る西吾妻山の稜線には、強風で雲が湧いているが、移動性高気圧は近づいてくる。問題ないだろう。


100221グランデコ第3リフト終点 リフトは8時半からだと思っていたが8時に動き始め、あわてて準備をしてゴンドラに乗る。ゴンドラから第3リフトに乗り継ぎ、その終点が今日の出発点だ。
さすがにここまで来ると気温が低く、風が冷たい。シールを貼るためにスキー板の滑走面を手袋で払うと、雪が板に着くことなくサラサラと落ちる。いい感じだ。

100221森の中は別世界

トレースのない雪面に踏み込み、登山開始。同時にラッセル開始。スキーを履いた足がすねまで潜る。久しぶりに雪を踏む感触が楽しい。

森に入ればそこはワンダーワールド。クリスマスツリーのような木が立ち並ぶ。風もなく静まり返り、青空には飛行機雲。最高のコンディションだが、風のない森の中のラッセルで汗だく。


100221スノーボーダーが行く

40分間ラッセルを続け、もう義務は果たしたと思い、後から来たパーティーに先に行ってもらって一休み。スキー、ボード、スノーシュートと後から後から人が登ってくる。人気の山だ。


100221西大巓頂上直下をラッセル

先に行ってもらったパーティーは、右へ右へと進んでいく。尾根が右手にあるために、高いほうに登ってゆくと、頂上ではないほうへ行ってしまうのだ。俺は西大巓に直登したいんだ!しかたがないので、コンパスを切ってトレースを外れてラッセル再開。


西大巓頂上直下の雪原に出た。もうひとふん張り。ここを滑ると気持ちいいんだな。今日は滑らないのが残念。


100221西大巓山頂より滑降

予定通り11時に西大巓頂上に到着。さすがに風が強く寒く、おまけにガスで展望がないので、休憩も取らずに通過する。


目的の西吾妻山はガスで見えない。時々ガスが切れて鞍部が見える。コンパスを切り、シールをつけたまま滑降開始。思い切り直滑降で下りて行くが、すぐに前回り受身のように豪快に転倒し、スキーを掘り起こすのに苦労する。


100221西大巓を振り返る

ここはモンスターの集う山。大小さまざま、形も様々な樹氷たちが、風上に向かって無言でたたずんでいる。


100221西吾妻小屋

鞍部からちょっと登ると西吾妻小屋発見。木立に囲まれた湿原のほとりに建つ小屋だが、今はモンスターに囲まれている。1階は半分埋もれていて、2階から入れるようになっている。時間がないので小屋には入らず小屋の陰で一休み。


100221西吾妻山頂上へ

ガスが切れると、目の前にこんもりとした丘のような西吾妻山があった。山頂がはっきりしないが、それらしいところを目指して登ってゆく。しかし、青空と樹氷のコントラストは本当に美しい。


100221蝦の尻尾

巨大な海老の尻尾。海老の尻尾というより龍の爪。今日は風も弱く穏やかだが、普段は恐ろしい強風が吹きつけている証拠。


100221西吾妻山山頂

西吾妻山山頂(らしきところ)に到着。だだっ広いので本当の山頂がどこだか分からないが、無雪期に来た記憶だとこの辺。


山頂で完全にガスにまかれてしまった。平原のような山頂をコンパスを頼りに、滑降する尾根を目指す。視界がないので、コンパスの差す方向へ真っ直ぐに進むが、雪面はウインドクラストでデコボコしており、おまけに行く手をモンスターに阻まれ、とても歩きにくい。


100221西吾妻山滑降開始

ダラダラした山頂も終わり、傾斜が出てきたのでシールをはがして、本日のメインイベントの滑降を始める。しかし、視界が全くないので、コンパスを確認しながら恐る恐る下る。あまり楽しくない。


100221森の中

1900mを切ると樹林に突入。雪質が良くなって滑りやすくなる。1850mで進路を南に変え、調子よく滑ってゆく。が、すぐに傾斜がなくなる...1600mあたりからほとんど傾斜がない。漕ぐ。


おまけに、予定よりちょっと左寄りに下りてしまった。トラバースしてルートに戻ろうとするが、雪が深く傾斜がないのでスキーが全く滑らない。しかたがないので、シールをつけて歩く。が、右に行き過ぎてしまった。完全にどつぼにはまる。雪まで降り出す...悲しい。この辺りから二十日平が見えるらしいが、視界がないのでなにも見えない。今度は左にトラバースする。地図で見るよりずっと傾斜が緩やかで、かなりしんどい。右に左にギザギザしたあげく、なんとか正解ルートに乗ることができた。


100221二十日平 恐怖のまっ平ら地帯をぬけ、つかの間の滑りを楽しんだら、またスキーの滑らないまっ平ら地帯、二十日平だ。またシールをつける。
二十日平から1200m辺りで右に落ちる沢に沿って、グランデコのゲレンデに戻るつもりだったが、二十日平のほぼ末端まで行ってしまった。1219mから右に落ちる尾根に沿って中の沢に下り、ゲレンデのほぼ最下部にでる。ああ、しんどかった。

下山後はもちろん温泉。なぜか行きつけになっている、川上温泉の「二九八」(「にくや」ではない、「ふくや」)に寄る。500円の入浴料とぬるめのお湯がよい。両足靴ずれのため、激痛がこらえて湯船につかるが、それでも温泉はいいよね。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。