2010年05月06日

GWの定番、遠見尾根へ〜五竜岳(1)

5/4 五竜とみおスキー場〜小遠見山〜西遠見山

100504五竜とみおスキー場

今年はわけあってGWの予定がなく、時間をもてあましぎみだった。捨てる神あれば拾う神あり、遠見尾根から五竜岳往復のお誘いを受け、のこのことついて行った。


先々週もこの辺りに来たが、そのときよりもずっと暖かく、桜が満開だった。雪のない五竜とみおスキー場のゲレンデをテレキャビンでアルプス平に向かう。


100504五竜とみおスキー場トップ

標高1500mのアルプス平でテレキャビンを下りると、そこにはしっかりと雪があった。山ノボラーたちは、きれいに整えられたゲレンデを踏み荒らし、地蔵ノ頭に向かう。


100504地蔵の頭

ゲレンデトップから5分ほどで地蔵ノ頭。ここから五竜岳から白馬岳まで一望できる。ここ数日、晴天続きで気温が高いせいか、山がもやでかすんで見える。それでも五竜岳山頂直下の武田菱がはっきり見える。


それにしても、五竜は遠いな〜。だらだらと細かいアップダウンを繰り返して高度を上げる遠見尾根は、本当に馬鹿尾根だ。山麓からすっと延びている隣の八方尾根とは対照的だ。


100504鹿島槍北壁

小遠見山を越えると鹿島槍がデンと現れる。垂直に切り立ち、ルンゼから幾すじものデブリが流れ出ている北壁が雄雄しい。ゴゴーン、と雪崩の音が聞こえる。2002年に滑降された正面ルンゼを目で追う。う〜ん、アンビリーバブル。


100504大遠見へ

中遠見を越えると尾根が細くなる。無風快晴、何の問題もなくサクサクと歩いていく。いや、一つ問題が。べらぼうに暑いのだ。水をがぶ飲みし、汗をダラダラたらしながら、暑い〜、暑い〜、と呪文のようにつぶやきながら歩いてゆく。


100504大遠見

大遠見山は山というより高原のようだ。テントを張るには最適だろう。でも今日はこの先の西遠見まで進む。


100504中遠見サイト

暑い〜、暑い〜、と唱えながら、1時には西遠見に着いてしまった。風も出てきたし、稜線に雲も湧いているので、ちょと早いがここでサイト。ここから稜線までは1時間ちょいだ。明日はテントをここに残したまま五竜岳をサブする。


さっさとテントを張って一息つく。暑いので雪に梅酒をかけ、スムージーにして食べる。うまい!焼酎だのなんだの、片っ端から雪にかけてスムージーにする。みんな止まらずに、ひたすら食べ続ける。いい加減体が冷えて寒くなった。我に返って夕食の準備をする。今日は鶏肉ペミカンとハヤシライスのもとを使った、鶏肉のトマト煮込みだ。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。