2010年05月18日

ラストスキー@針ノ木雪渓〜針ノ木岳(1)

5/16 扇沢〜針ノ木雪渓〜マヤクボ沢〜針ノ木岳〜針ノ木雪渓〜扇沢

100516扇沢針ノ木岳登山口

雪の季節はかくも短く、今日は針ノ木雪渓で今シーズン最後のスキー。


天気予報は今日一日の晴れを告げている。気温はかなり上がるらしいが、朝6時の空気冷たく肌寒い。扇沢の駐車場から行く手に、青空をバックに雪をかぶった白い稜線が見える。気分が盛り上がる。ザックにスキーをくくりつけて出発。


100516針ノ木雪渓大沢小屋に到着

大沢小屋の手前で最後の堰堤を越える。夏道は小屋まで雪渓の左岸を大きくまわり込むようについているが、この時期は右岸を雪渓に沿って真っ直ぐ小屋に向かう。なので扇沢から小屋まで1時間しかかからない。


雪渓は首をもたげるかのように立ち上がって稜線に続く。この真正面が目指すマヤクボ沢のカールだ。えらい急だな、おまけに遠いな...


100516針ノ木雪渓シールで登る

雪面の木の枝や砂が少なくなってきたので、シールをつけてスキーで登り始める。スキーをはずしザックが軽くなったので足取りも軽い。しかし、日差しが当たり始め、歩いていると暑くなる。でも雪渓を吹き抜ける風は冷たい。上着を着たらいいのか、脱いだらいいのか...


100516針ノ木雪渓から爺ヶ岳を振り返る

はじめはなだらかだったが、だんだん傾斜が急になる。2、3日前に雪が降ったようで、雪面には薄く雪が積もっているが、その下はカチカチの氷。油断するとシールが負けてずり下がる。かかとに気合を入れながら、一歩一歩登ってゆく。ポツリポツリと登山者がいるが、あちこちでずりずりと滑って転んでいる。


一息ついて登ってきたルートを振り返る。大沢小屋を見下ろし、その後には大きな爺ヶ岳。そして耳を澄ませば、うぐいすのさえずりが聞こえる。


100516針ノ木雪渓デブリ

雪渓に流れ込むいくつもの沢からは、生々しいデブリ(雪崩の跡)が流れ込んでいる。こんなのにやられたらかなわんな〜、と見ていると、「ラーク」、の叫びとともに反対の岸から落石が。雪の上にはいくつもの小石、いや大石も落ちている。さすが落石の名所だ。


100516針ノ木雪渓マヤクボ沢分岐

2050mを越えるあたりで雰囲気が一変し、沢が開けた解放感あふれる場所になる。傾斜が緩んだので、ザックを置いて一休みする。とは言っても、うかつにスキーを脱げば滑っていってしまうくらいの傾斜はある。


正面を登れば針ノ木峠、右に入ればマヤクボ沢から針ノ木岳に至る。


100516針ノ木峠

マヤクボ沢出合いから見た針ノ木峠。夏に来るとこの峠までの詰めは、圧迫感のある狭い谷だ。しかし、今は雪に埋もれて、別の場所とも思えるほど明るい谷になっている。


100516針ノ木雪渓からマヤクボ沢

我々は出合から右に折れて、マヤクボ沢に入る。マヤクボ沢上部はこれまで以上に傾斜がある。雪がカチカチなので、念のためスキーを脱いでアイゼンで登ることにした。あ〜、またザックが重くなった。


100516マヤクボ沢の急登

マヤクボ沢は朝から強い日差しに照らされているため、予想に反して雪はグサグサだった。ズボズボ雪にもぐりながら急な沢を登る。しんどい。暑い。途中で我慢できなくなり、急登の途中でザックを降ろしてスキーを履いた。


100516針ノ木稜線

結局シールで稜線に出た。目の前に針ノ木岳直下の雪壁がある。頂上に行くにはあれを登らなければいけない。帰りはここから滑り出すことにしてスキーをデポし、またアイゼンを履いて歩き始める。


100516針ノ木岳手前の雪壁 いや〜、これはかなり急だ。凍っていたらロープで確保したいくらいだ。

100516針ノ木岳山頂到着

頂上に到達。スキーをデポしたところからすぐ、10分くらいだった。目の前には岩と雪渓の剱岳。いいね〜。


(次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。