2010年05月24日

久々のリードは...(泣)〜三ッ峠

5/22 三ッ峠登山口〜三ッ峠〜中央フェイス中央カンテ〜亀ルート〜三ッ峠登山口

100522三ッ峠駐車場 三ッ峠はいつもこの駐車場からはじまる。立派なトイレがあるので安心して車中泊できる。

100522三ッ峠から富士山

駐車場からゲレンデまで1時間ほど歩く。この歩きが嫌だと言う人もいるが、私は朝の散歩にちょうどいいと思う。稜線に出れば、ほら、このとおり。立派な富士山が出迎えてくれる。それにしても雪がいっぱいついてるな〜、まだ滑れそうだな〜。


100522中央カンテ取り付き

私は昨シーズンは外岩でリードをやらなかったので、ちゃんとした岩は昨年の三ッ峠以来、まるまる一年ぶり。つるべの手順もコールも忘れかけている。どうだったかな〜、と考える暇もなく、いきなり中央フェイスに取り付く。おいおい、大丈夫かよ〜、と心の中で叫ぶ...


100522中央カンテP2 なんとか1ピッチ目のリード終えやって来た、中央フェイス中央カンテ2ピッチ目。細いクラックが垂直に走る。
写真撮る暇がないな〜、と考えていたが、あたりまえだ。ビレーしてるんだから。ビレー解除の声を聞いて一枚パチリ。ザイルが交差しているよ...

100522No19クラック

中央カンテを登り終え、トラバースしてNo.19クラックへ。最後の2mくらいが、肩まで入るが体が入らない、右足は入るが左足まで入らない、いわゆるオフウィズスで気持悪い。岩の間に挟まってズリズリしていると、上からパートナーのガンバの声が。見上げれば、なんと後光が差している! ありがたや〜。


100522三ッ峠山頂 小さなアクシデントはあったものの、無事に山頂到着。天気が良いので山頂はハイカーもいっぱいだった。小屋の前を経由してまたゲレンデに戻る。コーラ中毒にかかっている私は、当然のごとく小屋でコーラを買った。

100522三ッ峠亀P1

次は鶴亀の亀ルート。1ピッチ目、コケ+かぶりぎみの岩にみんな苦労している。ギャー、とかワァーとか喚声を上げてなんか楽しそう(?)4ペアも取り付いているので、なかなか前に進まず、ビレイ点の手前のトラバース途中で待たされる。顔の右側だけがジリジリと陽に焼かれる。


ホールドを無条件に信じた私は比較的すんなりP1を突破(よい子はまねしないように)。


100522三ッ峠懸垂

2ピッチ目がいやらしいようで、ビレイ点でまた延々と待つ。と、そのとき、トップのペアが終了して懸垂下降で下りはじめた。やや、おいていかれた。俺はいつ終われるんだろう...


100522三ッ峠亀P2

2ピッチ目はグレードIV+。傾斜はゆるいがなんか岩がツルツルしていて、所々にコケがついている。いやらしい。おまけに全体的に外傾していて、外に滑り落ちそうだ。先行者は足場を作って人工で越えてゆく。


さて、私の番。足場は使わずずり上がろうとしたが、体が外に持って行かれて、思わずかけたヌンチャクをつかむ。A0...

足場が微妙で今にもずるずると落ちそうだ。怖え〜。あまりの怖さに回収の手間も考えず、ヌンチャクをかけまくる。ザイルが重い...


100522三ッ峠亀P2の途中 突き当たり壁の手前まで来た。しっかり立てるので、深呼吸。ついで振り返って写真をパシャ。斜めだ。かなりテンパッテいる。

さて、登攀再開。足がかりのない滑る壁を越えれば、そこには「八寸バンド」なるトラバースがある。「八寸」とは恐ろしげな名前だが、幅八寸=24cmのバンドだから普通に歩けるよ、と言われた。が、だまされた...。そのトラバースは、確かに24cmくらいの幅があった。出だしは。ルートを目で追っていくと、どんどん細くなって、最後の2mくらいは一寸、いや零寸くらいになっていた...。下は垂直の断崖。つかめるホールドも中間支点もない...
もう、写真は撮れません。蟹歩きであらん限りつま先のフリクションを 効かせて、息を止めてなんとか突破した。怖いよ〜(泣)。

その先のテラスで終了。50mの懸垂下降で一気に取り付きまで下りる。クライミンググローブがなかったので、軍手をしていたが、シューッと華麗に下りたら軍手が焦げた。
もう、よれよれで下山。久しぶりのリードはきつい。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。