2010年08月29日

避暑クライミング〜小川山(1)

1日目 金峰山荘〜ガマルート〜金峰山荘

100828金峰山荘キャンプ場 クライミングの練習に行こう!でやってきた小川山。正確に言えばここは金峰山荘のキャンプ場だが、この周辺一体の岩場を小川山と言う。連日の猛暑、熱い岩場は嫌なので、標高もほどほどあって、林間の岩場もある涼しげな小川山を選んだ。
10時前にはキャンプ場に到着したが、すでに多くのテントが張られていた。皆さんの出足の早さに驚いた。

100828小川山ガマスラブの取り付き

テントを立てて身支度をして、いざ出発。マルチピッチの練習のために、5Pのルート「ガマルート」の取り付き、ガマスラブに向かう。が、そこはすでにすべてのルートに、トップロープのザイルがスダレのように垂れ下がり、取り付く隙間もない。皆さん、出足が早いですな...


100828小川山ガマスラブを登る

ルートが空いてないので、中間支点を取らずに登ってしまおうとしたら、隣のパーティーが親切にルートを空けてくれた。助かった...


グレードは5.6くらい。ホールドはあまり無いが、傾斜のゆるいザラザラの花崗岩のスラブで、靴のフリクションを最大限利用してペタペタと、ほとんど手を使わずに強引に何も考えず登りきる。


100828小川山ガマルートP2

ガマルート2ピッチ目。右、左、真ん中とすべのルートに人が取り付いている。そして、その3ルートが合流するテラスは大混雑。順番待ちをしているパーティーに聞いたら2時間待っていると...


幸いにして我々は30分ほど待った後、一番やさしいと思われる左のルートから取り付く。でもルートがよく分からない。目指した枯れ木のテラスに行けないので、テラスの真横でトラバースしてテラスに立つ。急なスラブでホールドがなく、シュリンゲを残置ハーケンに掛けかえながらの、かなり強引なトラバースだった。フリーのルートのはずなのに...


100828小川山ガマルートP3 枯れ木のテラスでピッチを切って、3ピッチ目。凹角を越える。ちょっと渋いなーと思ってホールドを探したら、クラックにキャメロットが...誰の?どうも取れなくなって残置したらしい。もったいない。

100828小川山ガマルートP5

天気が怪しくなってきたので、4ピッチ目はやさしいルートをサクッと登って5ピッチ目。このツルンとした岩はなんでしょう。取り付きの部分には靴が滑った跡がいっぱいついている...。


最初は見た目ほど難しくなく、手を伸ばすとバンドにちょうどいいホールドがあった。が、バンドに沿ったトラバースに手がない。滑らかな岩にペタペタと気休めに手を置くのみ。中間支点が下の方にあって、手持ち無沙汰のままバランスを保ちながらしゃがんでクイックドローを掛ける。おっかねな〜。


次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160970501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。