2010年08月31日

クライミング、後、宴会〜小川山(2)

1日目 金峰山荘〜ガマルート〜金峰山荘

前回の続き)

100828小川山ガマルート終了点が見える

しわのよった饅頭のような岩に上がると、そこから続く岩尾根の先に終了点、スラブ上岩壁の頭が見えた。もうすぐ終わりだ。でも狭い頂上になんであんなに人がいるんだろう。その上、うろうろしているばかりで、なかなか下りようとしない。


100828小川山ガマルートP6

最後のピッチ、終了点直下の壁に出る。ガイドブックでは5ピッチ目だが、我々はなぜか6ピッチ目。ここで頂上は見えなくなるが、もう、すぐそこだ。


が、登っていったリードからなかなかコールがない。頂上では多くの人がセルフビレーをしてまったり休んでいたので、ビレーをとる支点がなかったそうだ。後がつまってるんだから、登ったらさっさと下りろ!


100828小川山スラブ上岩壁の頭 狭い頂上に出た。岩の尖った尾根で、セルフビレイを取っていないと落ちそうだ。周囲を眺めるとあっちにもこっちにも同じような岩の尾根がある。
空には灰色のモコモコした雲がわき、どこかで雷が鳴っている。さっさと下りよう。

100828小川山スラブ上岩壁の頭から懸垂下降

50mのザイルをつないで懸垂下降をセットする。ほぼ垂直な壁を真っ直ぐ降りてゆく。岩角から空中に体を躍らせる瞬間は、なんどやっても怖いな。きっと人間の本能に反する行為だからだな。


100828小川山懸垂下降を見る 30mくらい下りたところがテラスになっていて、そこから下がよく見えない。トップが「ザイルが足りるかどうかわからない!」と下から大声で叫ぶ。上で待つ面々は大声で応える。「とりあえず行け!」鬼...
下りてみると2mくらい残して、ザイルはぎりぎり足りていた。

100828金峰山荘2 懸垂下降の終了点から15分ほどでキャンプ場に戻ってきた。まずは金峰山荘に向かう。お目当てはもちろんビール。
ビールで喉を潤した後、近くのスパー(ナナーズ川上店)で買ってきた、新鮮なご当地野菜を料理する。「野菜王国川上」と言うだけあって、信じられないほど安いレタスとトウモロコシが、信じられないほどおいしかった。持ち寄った酒もうまくて、夜更けまで宴会は続く...

次回に続く)





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。