2010年09月21日

森と花の御前山〜奥多摩・シダクラ沢(2)

9/19 惣岳バス停〜シダクラ沢〜御前山〜鋸尾根〜奥多摩駅

前回の続き)

100919シダクラ沢・奥の4m滝

二俣から水流は細くなるものの小滝が続き、どんどん高度を上げてゆく。広葉樹の明るい森の中で軽快に滝を登るのは最高の気分。


100919シダクラ沢・木の実 なんだか分からないけど、クルミみたいな木の実もいっぱい落ちている。豊かな森の実り。写真上のほうに写っている木の実はナマコみたいで気持悪い...

100919シダクラ沢・奥の二俣 二俣からほどなくして奥の二俣に出る。目印は正面にそびえる、巨艦の船尾の形をした大岩。ここで完全に水流がなくなる。グズグズの崩れやすい左のルンゼを行く。踏み跡は明瞭。

100919シダクラ沢・詰め

踏み跡は右の小尾根に上がっていく。1128からの尾根とは反対方向だが、すぐに1128の尾根に合流する。そして藪のないぶなの林をなだらかに大ブナ尾根に向けて登ってゆく。本当に気持のいいところだ...しかし、沢の水がなくなったとたんに暑くなってきた。とりあえず森の中で靴を履き替え、のんびり休憩した。


100919大ブナ尾根登山道 苦もなく大ブナ尾根の道に出た、いや、苦はある。暑い!暑い!!。広葉樹の巨木の木陰で日差しはさえぎられているが蒸し暑い。沢の中は楽園だったが、このハイキングコースは苦行だ。
山ガールも交え、多くのハイカーが御前山を目指して立派な登山道を登ってゆく。苦行僧か...。

100919御前山何の花? この尾根は木が立派だが花も多い。イラ草かと思ったが薄紫の可憐な花が咲いていた。なんだろう?

100919御前山山頂 苦行僧、いや、ハイカーで賑わう御前山山頂。都民の森として有名な山だが、展望はあまりない。

100919御前山鳥兜 御前山をすぎると急に人が少なくなる。ほとんど栃寄の大滝のほうに下りてしまうようだ。我々は鋸尾根を目指す。この先道も悪くなって、木の階段が壊れたままのツルツルすべる赤土の斜面になったりする。でもかえって静かでよろしい。
鳥兜もひっそりと咲いている。

100919大ダワ 人気のない道をリンリンと熊鈴を鳴り響かせてひたすら下ると、突然車道にでた。大ダワだ。太陽電池パネルのある避難小屋兼トイレがある。車道を真っ直ぐ横切り、鋸尾根に続く登山道に入る。

100919鋸尾根道標 鋸尾根で見た、「行き止まり」行きの道標。

100919鋸尾根鎖場

鋸尾根は名のごとく、長い真っ直ぐな尾根の上に、鋸の歯のようにポコポコと岩のピョコがある。そして鎖場も。鎖の横には滝から落ちる水のように、木の根が張っている。よく見れば上の木の根の一本が枝分かれし、互いに絡みつきこのようになっているようだ。すごい。鎖よりも役に立つ。ジャックと豆の木気分で木の根を伝って下りる。


100919鋸尾根ほととぎず

奥多摩の街が見えてくるころ薄暗い樹林に突入。道のわきにはビニール玩具のような異様な質感のホトトギスが咲いている。本当にこの道はいろいろな花があるなぁ。


100919鋸尾根きのこ

異様な質感と言えばこれ!マシュマロに見えなくもないけど、ドラゴンボールにもこんなんがでてきたような...


100919奥多摩玉翠荘 無事、奥多摩の街に降り立ち、さっそくコンビニでコーラを買って飲み干し、奥多摩駅から近い温泉、もえぎの湯に向かう。が、40分待ち...待っていられるか!汗でべとべとの温泉難民になってしまった...。
すぐ横に、温泉旅館、玉翠荘の看板が。フロントになだれ込んで、入浴できるか聞いたところ少々待つとのこと。かまうもんか!助かった!
結局、2、3分まって、無事に温泉にありつくことができた。5人ほどでいっぱいになってしまうこじんまりとした浴室だがかえって静かで、のんびりと汗を流すことができた。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 22:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜沢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。