2010年10月30日

秋枯れの本白根山〜草津温泉(2)

10/24 草津市街〜草津白根ロープウェイ〜本白根山〜芳ヶ原〜草津市街

前回の続き)

101024草津白根ロープウエイ

のんびり温泉旅行に来たはずなのに、山があれば登ってしまう悲しいさが。天狗原ゲレンデで朝一番のバスに満員を理由に乗車拒否されるも、20分後に無事にバスに拾ってもらって、ゴンドラ乗り場まで乗る。冬はなんども乗っているゴンドラだが、雪のないときに乗るのは新鮮。


101024草津白根の火口にでる

ゴンドラを降りてゲレンデわきから歩き始め樹林を30分ほど登ると、本白根山の火口に到着。こもだではゆるい登りが続いているが、暑くもなく、寒くもなく、風もなく、汗もかかずに歩くにはちょうどいい気候だ。


101024草津白根の火口沿いの道

火口を周遊するように火口の内側の砂礫に登山道がめぐらされている。ヴェースビオ火山を思い出す(ここ)。広葉樹はすべて葉を落とし、干からびた藻のように岩屑にコマクサが張り付いている。秋枯れのさみしい景色。


101024草津白根山頂から横手山

火口を半周し、さしたる登りもなく標高2171mの本白根山山頂に到着。赤茶けた景色。夕方から雨ということで、空も雲に覆われて重苦しい。しかし、視界は良好で志賀高原横手山の鉄塔がはっきり見える。


101024草津白根山頂から富士山

南を向けば浅間山を始めとする信越の山々が...浅間山の左にちょこんと頭を出しているのは富士山ではないか。


101024草津白根鏡池

火口をひと回りして、再びゴンドラ駅に向かう。途中、右手に小さな火口湖、鏡池が現れる。枯れ木に囲まれた殺風景な池...池の中に亀甲状の模様が見えると書いてあるが、柵があって池に近づけなかった。


101024草津白根くろまめの木

物寂しい秋枯れの景色にも目が慣れてきて、いろいろなものが見えてきた。これは紅葉したブルーベリー、くろまめの木。熟した実はとても甘い。思わず一粒口に入れるが、発酵してドロドロになっていた...ペッ、ペッ。


101024草津白根赤い実

道は葉を落とした樹林の中をどんどん下っていく。この赤い実はなんだろう?よく見るんだけど。これがまさに「ルビー色」なんだろうな。


次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167733181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。