2010年12月11日

Grivelカンタムテック&PetzlCharletアズターマルロー

すっごい久しぶり


にまともにボーナスがでた。それでずっ〜と欲しかったものをやっと買うことができた。


101211グリベルカンタムテック・ペツルシャルレアズターマルロ Grivel カンタムテック・ショベル(左)& Petzl Charlet アズター・マルロ(右)
言わずと知れたアイス・アックスだ。

自分ではいつも後輩に「うまくなりたかったら、自分の道具を買わなきゃだめだ!」と言いつつ、アイス・アックスは高くて買えずに今まで人のを借りてやっていた...

カンタムテックはリーシュレス、カーボンシャフトの軽量アックス、一方、アズターは昔ながらのリーシュコードを使うモデル。両手ともにリーシュレスのほうが使いやすそうだが、スタンディングアックスビレーをしやすいように、片一方をアズターにした。
左右のアックスをそろえていないのは、右手と左手では癖や筋力が違うので、それぞれ使いやすいものを使ったほうがいいから。私の周りではそうしている人が多い。

101211研磨前 買ったままでは使えない。氷への刺さり、抜きが良くなるように、ピックを研ぐ。
これはアズターの研磨前。

101211研磨後 これは研磨後。紙が切れるくらい(!)研ぐように言われたけれど、とりあえず軽めに。使ってみてから調整。

> Grivel(グリベル) カンタムテック・ショベル

クリックでamazonでチェック





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 22:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山のアイテム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。