2012年02月14日

二度あることは三度ある〜南蔵王(1)

2/4 すみかわスノーパーク〜大黒天〜すみかわスノーパーク

ここ2年ほど、毎冬、南蔵王・刈田岳〜不忘山の厳冬期スキー縦走を計画しているが、いつも行ってみたら吹雪で敗退、というパターンだ。ところが天気予報を見ると、冬型の気圧配置が緩み、天気は回復傾向らしい。で、思い切って金曜の夜に宮城蔵王に向けて出発した。


120204吹雪のすみかわスノーパーク 遠刈田温泉は晴れていたが、だんだん山に近づくにつれて雪が降り出し、すみかわスノーパークでは吹雪...今年も同じパターンか...。
しかし、負けてたまるかとばかり、動き出したばかりのリフトに飛び乗る。

120204吹雪の大黒天付近 刈田岳に向けて歩き出すも、進むにつれてますます風雪は強くなる。完全にホワイトアウトし空と雪面の境目が見えない。林道の路肩が見えずにストックで突っついて確認するほどだ。ストックで踏ん張らないと倒れるほど強い風がうなりをあげる。 大黒天まで来たが今までにないくらい雪が深く、斜面に踏み込むとスキーが膝まで沈む上に、左右に亀裂が走る。
しゃーない、危ないから引き返すか。

敗退写真を、と思ったがカメラが凍った。気温は-10度はないだろう。これしきで凍るとはS95弱し!厳冬期は壊れかけのD50を復活させるか。


120204遠刈田温泉神の湯

遠刈田温泉に戻り、またも「神の湯」に入り、「食事どころあいざわ」で夕食をとり、町営駐車場に車を止めて寝る。ああ、二度あることは三度ある...。

ちなみに神の湯には石鹸やシャンプーはないので、持参すること。


次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。