2012年05月02日

残雪の尾瀬から平ヶ岳へ〜平ヶ岳(1)

4/28 戸倉〜鳩待峠〜山ノ鼻〜猫又川二俣

GWは薬師岳のつもりだった。でも今年は豪雪のため除雪がぜんぜん進んでなく、かなりしんどそうなので急遽平ヶ岳に変更。利根源流域中央部にある平ヶ岳に、人の気配も稀な雪のある頃に行きたいとずっと思っていた。


120428平ヶ岳・鳩待峠 早朝に東京をでて渋滞にも巻き込まれず順調に戸倉まで来た。しかし、ちょっとゴタゴタして、タクシーで鳩待峠に着いたときには10時近くだった。至仏山に寄ろうかと思っていたが、直接サイト場に向かうことにする。
GW初日は穏やかに晴れわたり、絶好の残雪登山日和。次から次へとタクシーから人がはき出される。

120428平ヶ岳・電線に導かれ山ノ鼻へ 鳩待峠から山ノ鼻へ向かうルートの始めは急な下りだが、川上川沿いの平坦な道になる。踏み跡もばっちり、小屋まで電線も延びているし、迷うことはない。
それにしても暑い。上着を脱いでいつものようにヒートテック一枚だけで歩く。

120428平ヶ岳・山ノ鼻至仏山荘 山ノ鼻到着。鳩待峠は登山者で混雑していたが、みんなあちこちに散ったのか、ここはほどほどの人。小屋も売店も営業している。

120428平ヶ岳・背中アブリ田代から至仏山

山ノ鼻の裏から「背中アブリ田代」という変な名前の湿原の上を歩く。湿原といってももちろん今は雪原。その雪原の向こうには至仏山。至仏山はスキーヤーやボーダーで賑わっているようだ。


120428平ヶ岳・春の燧岳

至仏山の反対に目を向ければ、そこには燧ケ岳。山頂部は岩が黒々と露出している。急速に雪解けが進んでいるようだ。暑いもんな...。汗で日焼け止めが流れるので、休憩するたびに塗りなおす。


120428平ヶ岳・猫又川を遡る

なだらかな雪原を真っ二つに割って、猫又川はとうとうと流れている。サイト場までひたすら猫又川の上流に向けて進む。川の向こうには日崎山からススケ峰と遥か平ヶ岳につながる稜線が見えている。


120428平ヶ岳・立ち枯れの木と青空

あー、いい天気だ。空が眩しい。眩しすぎてデジカメの液晶がよく見えない。


120428平ヶ岳・猫又川二俣のサイト 猫又川の左俣、右俣を分ける二俣の平原に到着。ちょっと早いけどここでテントを張る。林の中の明るく気持がいい場所にだらしなくテントを張る...。

120428平ヶ岳・ペミカンカレー 夕食はご存知「ペミカンカレー」。うまい、早い、安い、おまけにカロリーたっぷりと、準備がすご〜く、すご〜〜く面倒なことを除けば、雪山の食事としては、言うことなし。

次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。