2012年06月24日

最高の山デビュー?〜瑞牆山

6/23 みずがき山自然公園〜不動滝〜瑞牆山〜富士見平〜みずがき山自然公園

職場の後輩が山に登ってみたいという。

デビュー向きの山ってどこだろう? 最初の山の印象はとても大事だ。印象が悪ければ、もう二度と山に登りたいなんて言ってくれないかも知れない...


120623瑞牆山・みずがき山自然公園から瑞牆山

いろいろ悩んでやって来たのは瑞牆山。それも不動沢から山頂を打って富士見平経由で戻ってくる巡回コースだ。新緑あり、滝あり、花あり、アルペンチックな岩もあり、変化に富んだコースできっと最高のデビューになる...はず。私も無雪期の瑞牆山は初めてなので楽しみだ。


スタートはみずがき山自然公園。大きな駐車場があり、ここから瑞牆山の全景が見える。


120623瑞牆山・不動沢への道 林道を進んで分岐を右に登山道に入る。強い日差しは鮮やかな新緑で和らげられ、森を抜ける風はさわやかだ。

120623瑞牆山・不動沢を渡る 今週は台風4号、そして5号から変わった温帯低気圧により、一昨日まで豪雨が続いていた。それで、不動沢沿いのコースは土砂崩れや増水が心配だったが、来てみれはなんと言うことはない、10cmくらい水かさが増えているだけだった。
登山道もしっかり整備されていて不安はない。

120623瑞牆山・不動沢に沿う新緑の登山道

いくつもの違った鳥のさえずりが聞こえる。蛙も鳴いている。木漏れ日が眩しい緑濃き森の中を行く。胸いっぱい森の空気を吸い込む。


120623瑞牆山・不動滝

唐突に水音がし、壁のような滑滝が立ちはだかる。不動滝だ。黒い岩肌に、逆光に光る銀色の水が踊る。滝つぼから落ち口まで視線をはわす。登れそうもないな...

ここで今日最初の休憩。後輩に2万5千図の読み方を教える。


120623瑞牆山・さまざまな苔

地面はふかふかした緑の苔に覆われている。「苔」と言うと赤茶色のべったりしたものを思い浮かべてしまうが、森の中の苔は明るい緑色のものも多く、しかも葉の形も様々だ。


120623瑞牆山・茸

苔からキノコが生えていた。


120623瑞牆山・奥秩父と言えば石楠花

登り始めでは石楠花はほとんど終わっていて、枯れ花が散っているだけだった。しかし、不動沢から離れて本格的な登りになるところではちょうど盛り。森の中に薄紫色の花を咲かせていた。やっぱり6月の奥秩父と言ったら石楠花だな。


120623瑞牆山・瑞牆山山頂 ほとんど人に会うこともなく静かな森の中を登ってきた。ところがびっくり、頂上は大勢の人で大混雑。瑞牆山の山頂は大きな露岩なのだが、ちょっと平になっていて座れるところにはほとんど人が座っている。

120623瑞牆山・山頂からおおやすり岩

山頂の南側はすっぱり切れていて断崖絶壁。おそるおそる縁に立って景色を眺める。にょっきりと突き出た大ヤスリ岩が見える。人工3ピッチ。登ってみたいな〜、でもおっかないな〜、へなちょこクライマーには無理かな〜、でもあのトップに立ったところをこの山頂から写真に撮って欲しいな〜。


120623瑞牆山・おおやすり岩基部

たっぷり休んで記念写真も撮って富士見平方面へ下る。こちらの道は下る人が列をなしている。瑞牆山荘から往復の人が多いようだが、ここまで来て不動沢ルートに行かないのはもったいない。

下から見る大ヤスリ岩はでかい。ほとんど垂直に見える。やっぱり無理かな〜。


120623瑞牆山・天鳥川渡渉点 下りきったところが天鳥川の渡渉点。富士見平はもうすぐ。

120623瑞牆山・富士見平小屋 ひと登りで富士見平小屋。ウッディでレトロな小屋。小屋の前には快適なサイト場があり、テントがたくさん張ってあった。

120623瑞牆山・みずがき山自然公園への道 富士見平から瑞牆山荘への登山道をちょっと下り、右折して林道に入る。ヘアピンカーブのところで立派な道標に導かれて、再び森の中の登山道に入る。

120623瑞牆山・もうすぐ自然公園 登山道の分岐には必ず道標があった。ちゃんとした根拠はないが、山屋の勘で「芝生広場」のほうへ行く。やがて刈り払いされた森に出て左手に車道が見えた。それに沿ってみずがき山自然公園に戻る。森の中は涼しかったのに、駐車場は灼熱地獄。森は偉大だ。

120623瑞牆山・増富の湯 汗をかいた後はもちろん温泉。「増冨の湯」。でも実は「温」ではない。ちょっと昔の言い方だと「冷鉱泉」だ。鉄分を含んだ食塩泉で湯の色は赤茶色。そして、35℃と25℃の浴槽がある。25℃はプールみたいだが、入っているうちに少しずつポカポカしてくる。

さて、自分としては最高の新緑ハイクで大満足だったのだが、山デビューの後輩にとってはどうだっただろうか?




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
一回目瑞垣山だと、次が難しいかもね。高尾山まで戻るわけにもいかないし、雲取山じゃ中途半端にキツいし。次は八ヶ岳の天狗岳あたりかな?
Posted by 目黒駅は品川区 at 2012年06月25日 10:48
目黒駅は品川区さん、こんにちは

コメントありがとうございます。
彼は若くて体力があるので、次は赤岳か白馬くらいかな〜、と思っています。
岩をやりたいらしいので、秋には前穂北尾根...
Posted by 惰性人 at 2012年06月25日 20:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277081346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。