2006年11月05日

気持ち悪いくらいすごい太魯閣渓谷・・・台北の旅(3)

3日目 台北〜花蓮〜太魯閣渓谷(天祥)〜台北〜新北投温泉

花蓮へ 松山空港から飛行機で花蓮に向かう。今日の目的は太魯閣渓谷だ。
太魯閣渓谷へは三普旅行社の台北からの日帰りパックツアーを利用した。国内の旅行会社よりも安く、帰りに鉄道を利用できるツアーはここしか見つからなかったからだ。

太魯閣1 太魯閣渓谷は3000m級の山々に囲まれ、大理石の深い断崖の狭間を水が流れる。道路はあるときはこの絶壁の縁を通り、またあるときは大理石のトンネルをくぐりつつ上流へ遡って行く。日本の深い渓谷として黒部が有名だがスケールが違う。断崖を見上げていると、高さの感覚がおかしくなり気持ちが悪くなりそうだ。

太魯閣2 天祥の御茶屋で甘い香りの花茶を飲む。アミ族の娘さんがウエイトレスだっだ。
この先の文山温泉にも興味があるのだが今日は残念ながらここで引き返す。


太魯閣3 予定では渓谷沿いに歩くことになっていて、それを楽しみにしていたのだが、時間がないということで急いで土産物屋に連れて行かれた。だからパックツアーは嫌なんだ、、、

花蓮駅 太魯閣渓谷のあとは花蓮に戻って昼食をとり、みやげ物やらアミ族の踊りやらを見たが、それよりもっと渓谷を見たかった。ただ、前回来た時にはボッタクリタクシーとの戦いや、鉄道の切符を取るのに苦労したので、今回は楽をしたから仕方がないか。
台北へは鉄道の旅。でも車中はほとんど寝てしまった。駅弁は途中の駅では補充しないらしく、欲しいときには売り切れていて食べ損ねてしまった。

荷豐館溫泉渡假飯店 今夜の宿は新北投の荷豐館温泉渡假飯店。見よ、このバスルーム。部屋のバスルームは自宅の自分の部屋より広いし、湯船は10人くらい入れそうだ。それも温泉だぞ。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:台湾
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック