2012年09月20日

週末に気軽に小滝と戯れる〜南秋川・軍刀利沢

8/26 矢沢林道〜軍刀利沢〜生藤山〜矢沢林道

アイスランド・グリーンランドの更新途中だけど、忘れそうなのでちょっと寄り道。8月最後の週末に南秋川の軍刀利沢に行ってきた。軍刀利?これは「ぐんだり」と読む。意味は知らない...


120826軍刀利沢 矢沢林道が落合橋で通行禁止になっていたので、そこから30分ほど歩いて入渓点。木に赤布があるものの、とてもわかりにくく、うっかりすると行き過ぎてしまう。

120826軍刀利沢 林道から沢に下る。軍刀利沢出合いへ矢沢を渡渉するが、水がとても少なくちゃぷ、ちゃぷ、といった感じだった。

120826軍刀利沢

すぐにミニゴルジュ。沢を抜ける風は涼やかで、さっきの林道歩きの暑さがうそのよう。


120826軍刀利沢

軍刀利沢は2、3mの小滝がとても多い。そのほとんどが容易に登れてアスレチック気分で楽しい。週末気軽に涼みたいときにぴったり。


120826軍刀利沢

端正な10m滝。登れないので右から巻く。


120826軍刀利沢 巻きはこんな感じ...フィックスがあって怖そうに見えるが、足元はしっかりしていてそれほどではない。

120826軍刀利沢

こういうのは楽しい。でも落ち口のチョックストーンはややハング気味。


120826軍刀利沢

最後に水のないルンゼを登りきると、穏やかな樹林のなかの踏み跡になる。奥多摩の森は美しい。


120826軍刀利沢 藪漕ぎもなく登山道に出る。せっかくだから生藤山に登って行こう、と登るも感動薄く通過。

120826軍刀利沢 道標のある三叉路から矢沢に下る作業道に入る。しばらく気持のいい森の中の踏み跡が続く。

120826軍刀利沢 いったん尾根を急降下して、窪地のような場所で踏み跡が薄くなる。見上げれば目の前の丘のような尾根の上に小屋があった。

120826軍刀利沢 小屋から尾根を越え、沢に沿って下りると矢沢林道終点に到着。ここから灼熱の林道を車まで戻る...




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 21:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜沢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。