2012年09月26日

食って、温泉入って、寝る...〜伊東の旅

9/1、2 伊東

120901伊東・伊東駅 伊東にやってきた。今回の目的は...ない。まだまだ暑く海水浴もできるが、水着さえ持ってきていない。目的を強いて言えば、食って、温泉入って、本を読んで、よく寝ること。

120901伊東・伊東駅前

伊東の駅前。温泉観光地のオーラがでている。


120901伊東・まるげん 伊東に到着したのは11時過ぎ。さっそくご飯だ。駅から徒歩5分程度のところにある、海鮮の店「まるげん」に入る。開店したばかりだというのにすでに半分くらい席がうまっていた。

120901伊東・まるげんの金目の煮付け定食

金目の煮付け大好き。と言うことで、金目の煮付け定食を頼む。まるまる1匹煮付けられている。この店はいったいどれだけの金目をどれだけ大きな鍋で煮付けてるんだ〜?と疑問に思いながら骨までしゃぶる。食べ応え十分。ややあっさり系のたれ。


120901伊東・東海館 何もしないと言いつつ、いちおう観光もしてみる。伊東市指定文化財「東海館」。昭和三年に建てられた温泉旅館だが、現在は温泉のみ営業している。テルマエ・ロマエにも登場した。

120901伊東・青山やまと 今夜のお宿は「青山やまと」。潰れそうな会社で給料もボーナスもカットされている私が泊まっていいのか?と思われる高級旅館。いくぶんか安く泊まれる機会があったので泊まってみる。伊東の街を見下ろす丘の上に建っていて眺望抜群。周囲も閑静でいい。

まずは温泉。大浴場は6階にある。6階でエレベータを下り、フロアを贅沢に使った広い渡り廊下を歩いて浴場へ。2つの浴場は時間ごとに男湯と女湯が入れ替わる。最初に入ったのは伊東の街に面したガラス張りの浴場。6階なので展望は抜群。夜は夜景を見ながら浅い湯船に横になりながらほわ〜んとできる。

もう1つの浴場は先ほどの浴場の裏側にある。内湯のほかに森に囲まれた大きな露天風呂。虫の声を聴きながらゆったりとつかる...森?なぜ6階の露天風呂に森?それは行ってのお楽しみ。

とにかくここのお風呂はいい。今まで行った旅館の中でも文句なくAランク。


120901伊東・青山やまと夕食

そして夕食。いい素材を使っていてもちろんうまい。しかしそれだけでなく、盛り付けにも趣向を凝らし季節感を漂わせている。当然日本酒をグビグビ。


120901伊東・青山やまとロースとビーフ 霜降り和牛のトーストビーフ。始めて霜降りのローストビーフを食べた。口に入れるととろけるように柔らかい。こんなにうまいローストビーフは食べたことがない、いや、これはもうローストビーフを超えている...

食事の後はまた温泉。いい気分で部屋に戻り、白ワインのグラスを傾けながら、本を読む。満足のひととき。


120901伊東・まるげんの海鮮丼

翌日はチェックアウトぎりぎりまで温泉に入る。もう、湯あたりしすぎてだるいくらいだ...。チェックアウトして伊東駅に着いたらもうお昼の時間。またまるげんに入る。今度は山盛り海鮮丼。ご飯が見えないくらい、目鯛、鯵、鮪などの新鮮な地魚が敷き詰められていて、コストパフォーマンスがいい。


そして干物を買って、やっぱり何もしないで帰路に着く...





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294352614
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。