2005年12月01日

クワイ川マーチにのって〜タイ・カンチャナブリーの旅(1)

航空券の安いときを狙ってタイに行こうと思い立った。が、あまり休みがないのでバンコクからほど近い、映画「戦場にかける橋」で有名なカンチャナブリーを旅することにした。

1日目 成田〜バンコク
2日目 バンコク〜カンチャナブリー
3日目 カンチャナブリー〜カレン族の村
4日目 カレン族の村〜カンチャナブリー
5日目 カンチャナブリー〜バンコク〜成田

成田空港 成田は快晴で風もなく穏やかな天気だ、とは言っても12月。薄着では寒い。これから向かうタイは熱帯で暑い。なるべく荷物を少なくしたいので成田まで何を着ていくか迷ってしまう。今日はTシャツにユニクロのフリースといういでたちだ。

機内食・全日空 本日の機内食は「鳥ごはん」または「海老とホタテのアメリケーヌソース」。どうもタイに行くという気分になれない。

ドン・ムアン駅 バンコク国際空港に到着したのは15:50、入国審査が混んでいてロービーに出たのは17:00、さらに空港を発ったのは18:40だった、、、。
市内まで鉄道で行こうと思いドン・ムアン駅を探してさ迷い(連絡通路を通り過ぎると、案内がなくなって迷う)、駅に着いてみれば列車の到着は1時間後なのでバスにしようと空港に戻れば、バスはもう終わり。また駅に戻って列車に乗ったのだった。

シーファー 列車が1時間ほど遅れ、ホアランポーン駅に着いたときにはもう真っ暗だった。駅に程近いツインタワーズ・ホテル(そこそこ高いが設備も朝食もいい)にチェックインし、サーヤム・スクエアの「See Fah」に飯を食いに行った。前回バンコクに来たときにここで食べたプーパッポン・カレー(蟹のカレー)に感激したのだが、今回頼んだメニューはそれほどでもなかった。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:バンコク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。