2012年10月28日

人のいない河童橋〜前穂北尾根(1)

9/21 沢渡〜上高地〜涸沢

120921北穂前尾根・雨の沢渡 沢渡の駐車場。6時に目を覚がさめ、車の外を見やるとバシャバシャと雨が降っていた...テンション下がる。とりあえず駐車場の脇にある足湯に入る。体がホカホカしてきたところで、思い切って出発。タクシーで上高地に向かう。

120921北穂前尾根・人のいない河童橋

上高地のターミナルには10人くらいしかいなかった。そして、河童橋には誰もいなかった。初めて人のいない河童橋を見た。


120921北穂前尾根・明神

明神。幸い雨が小降りになってきた。雨具があまりにも蒸し暑いので脱ぐ。


120921北穂前尾根・明神から明神岳

ガスが切れて山も徐々に姿を現す。


120921北穂前尾根・横尾へ

槍穂の第一の難所はどこか?それは上高地から横尾までの林道歩きだ。長い、何度も通って見慣れた、観光客も歩いている、しかも今日は雨が降っていて景色も見えない。うんざりして単調で眠たくなる。みんな黙々と早足で先を急ぐ。


120921北穂前尾根・横尾大橋

予定より1時間くらい早く横尾に到着。こんな立派な必要があるのか?といつも思う横尾大橋。上高地には人がいなかったのに横尾には登山者がたくさんいた。不思議だ、平日の雨の上高地になぜこんなに人がいるのだ?(私もね)。


120921北穂前尾根・本谷橋

横尾から涸沢へ続く登山道に入る。本谷橋に着いたころから晴れ間がでてきた。やっと晴れてきたか〜。本谷橋の横にもう一本橋がかかっていた。本谷橋が壊れたのかと思ったが、混雑防止に仮設橋を作ったようだ。


120921北穂前尾根・涸沢遠望

ガスが消えて見通しが良くなってきた。あの沢の奥が今日の目的地、涸沢だ。


120921北穂前尾根・涸沢の手前で休憩

雨の中、無駄口も叩かずひたすら歩いてきたので、このままでは涸沢に早く着きすぎてしまう。なので、涸沢の直前で休憩。濡れた雨具やザックカバーを広げ、乾くまでぼけっと休む。


120921北穂前尾根・ナナカマドの実

涸沢が近づくとぼちぼち秋の雰囲気。


120921北穂前尾根・涸沢到着

やった〜、涸沢に着いた〜。さすがにテントは少ないな。


120921北穂前尾根・涸沢から前穂北尾根

左手には、明日登る前穂北尾根が雲をまとってそびえる。う〜ん、カッコいい。


120921北穂前尾根・涸沢小屋

今宵は涸沢小屋。軽量化のため(=楽するため)今回は初めて涸沢の小屋に泊まる。楽しみだな。


120921北穂前尾根・涸沢のアザミ

小屋のまわりはアザミがちょうど花盛りだ。蜂も冬を目前にしてせっせと働いている。


120921北穂前尾根・涸沢小屋のテラスで一杯 涸沢小屋到着。予定よりだいぶ早く着いた。やることは一つ。小屋のヨーロッパ・アルプスのリゾートを思わせるテラスで、おでんをつまみながら一杯。

120921北穂前尾根・涸沢小屋の夕食 夕食はチキンのロースト。うまい。ボリューム十分。小屋の何がいいかって、食事の支度をしなくていいのがいい。

次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299379880
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。