2012年11月10日

ワイガヤ川苔山ハイキング〜川苔山

10/20 川乗橋〜百尋ノ滝〜川苔山〜大根山ノ神〜鳩ノ巣駅

121020川苔山・登山口川乗橋で、すし詰めになったバスからたくさんのハイカーが吐き出される。ここ数年の土日の奥多摩の混雑は、昔を知るものにとってはびっくりだ。
川苔山は以前、逆川を遡行して登ろうとしたことがあったが、天気が悪くて遡行終了点からそのまま下山してしまった因縁?の山。今日は登山道からワイワイガヤガヤ(略してワイガヤ)ハイキング。

121020川苔山・細倉橋 川乗橋から細倉橋まではふつうに林道歩き。でも曇りの天気予報がはずれて絶好のハイキング日和で、ワイワイガヤガヤ、林道歩きもそこそこ楽しい。
細倉橋にはトイレがある。行列ができていたので、まずここで長めのトイレ休憩。

121020川苔山・沢沿いの道

川苔谷に沿う登山道を歩く。澄んだ沢に小さな滝がちょこちょこあり、苔と木々の緑もきれいだ。たぶん紅葉や新緑の時期はもっときれいに違いない。渓谷美を楽しむのに良い道。


121020川苔山・岩から清水がしみだす

登山道の脇にある岩からは清水がしみでていて、たくさんの小さな枝沢が谷に水を集めている。豊かな森には水も豊か。


121020川苔山・百尋ノ滝

本日の見どころ、百尋ノ滝。でかい、水量も多い、登れそうにない。滝を眺めながらしばし休憩。ここから本格的な登りが始まる。


121020川苔山・秋の花

道の脇にはひっそりと秋の花が咲く。名前は知らないけど。


121020川苔山・鳥兜

これは知っている。猛毒の鳥兜。秋の奥多摩ではよく見られる。鹿が食べないからね。


121020川苔山・きのこ

これも名前は知らない。ちょっと鍋に入れて食べてみたいが...


121020川苔山・稜線へ登ってゆく

百尋ノ滝からひと登り、そしてトラバース、そしてまたひと登り。明るい広葉樹の森を緩やかに登ってゆく。足の裏に伝わる落ち葉の感触が心地よい。こういうルートは歩いていて本当に気持がいい。


121020川苔山・川苔山山頂

話をしながら歩いている間に山頂到着。今日のメンバーはみんな健脚だ。登りついた山頂付近は木々が色づき、すっかり秋。日も陰り始め、夏山の格好の私はちょっと寒い。メンバーが沸かしたコーヒーをありがたく頂く。


121020川苔山・大根山ノ神 下りは速い。つまらない冗談を言いながらハイスピードで下る。大根山ノ神の祠だ。山ノ神は嫉妬深い女神だそうなので、無事の下山のお礼をしっかりしておく。

121020川苔山・正法院 鳥居をくぐって今日の山行は終了。鳩ノ巣駅前の食堂でビールで乾杯。そういえば逆川を登ったときもここでビール飲んだな〜、飲み始めて思い出した。
この後は青梅線河辺駅前にある「梅の湯」でひと風呂浴びる。そしてまだまだしゃべり足りない、飲み足りないということで打ち上げに突入。皆さん、お疲れさまでした。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
写真と的確な文章が、道中の思い出をフラッシュバックさせてくれますね。ありがとうございます。
黄色いキノコは、僕は食べるの怖いと思いました。
Posted by takeshi at 2012年11月10日 21:56
takeshiさん、こんにちは、

お疲れさまでした。
私は真っ白と紫色のキノコ以外は食べてみたい...

Posted by 惰性人 at 2012年11月11日 21:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。