2007年02月17日

間抜けでした。・・・富士山・双子山

太郎トンネル〜御殿場口新五合目〜双子山〜御殿場口新五合目〜太郎トンネル

070217御殿場口 どこかバックカントリーを滑りに行きたいと思ったので、とりあえず手軽に滑れる富士山・宝永山に行くことにした。宝永山は富士山の横っ面にある火口のでっぱりで、そしてその手前にある双子山は日本スキー発祥の地といえる由緒正しき場所だ。

東京から見る富士山は真っ白だったが、富士山に近づくに従って嫌な予感、、、、そして登山口となる太郎トンネルに着いてみれば(着く前から分かったが)そこには全く雪がなかった(泣)。ここで帰るのもばからしいのでとりあえず双子山までハイキングする。
御殿場口新五合目にもこのとおり雪はない。

070217双子山 太郎トンネルから双子山山頂まで雪を踏むことなく1時間半かかった。双子山山頂から見ると黒々とした火山礫の斜面が広がり、宝永山も南方斜面には雪がない。風もなく暖かで富士山頂を目指すならいい日だろう。
悲しくなって登山口まで引き返し、山麓の温泉に入って帰京した。

まったく間抜けだ。富士山はもともと積雪が不安定な場所なので事前に問い合わせるべきだった。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。