2007年03月09日

蘇州も人民でいっぱい・・・上海の旅(2)

2日目 上海鉄道駅〜蘇州駅

上海駅前 今日は水の古都、世界遺産の庭園のある街、蘇州へ向かう。切符を買いに上海駅に行くと駅前広場は何千?という人民であふれていた。大きな布袋を持つ人、天秤を担ぐ人、人民服を着た人、おしゃれな女の子、、、。今日は天気がいいので広場で電車を待っていて大丈夫だが、雨の日はどうなるんだろう。

切符売り場もごった返していて、人民は列に割り込んでくるは、大声で話すはで日本の基準からすれば「大騒ぎ」である。もっとも早く蘇州に到着できる切符をと言って買ったが、出発まで2時間待ちだった。
出発までの時間を駅周辺をうろうろして時間を潰した。安い食堂で牛肉麺を食べてみた。やはり脂臭くてまずかった。人々の服装を見てみると貧富の差は歴然としている。上海に限らないのかもしれないが、上海の貧しい人は普通に街を歩いているときでさえ、自分の貧困を強く意識せざる得ないだろう。

蘇州駅ホーム 列車に乗るときに車両の入り口にいる係員に検札してもらう。この係員はすべての車両の入り口に1人ずついる。日本だったら自動改札の方が低コストだろうが、中国はまだまだマンパワーの時代なのだ。

快適な特快列車で1時間弱、右手に大規模な工業団地が見えてくるともう蘇州駅だ。ここでは大勢の人が降りる。「古都」というイメージは打ち砕かれた。ここも上海と同じように沢山の人民がごった返し、あちこちで再開発工事がすすむ大都市だ。
明日の帰りの切符を買うために切符売り場のなが〜い列に並んで、翌日の昼間の上海駅行きの切符をくれ、と言ったらあっけなく「没有(ない)」と言われた。中国語しか通じないので突っ込んだ質問もできずすごすごと引き上げ、徒歩10分ほど離れたバスターミナルに行ってバスの切符を買った。あとで知ったのだが、蘇州駅の2階に外国人用の切符売り場があるとのこと。

北寺塔 駅前でのわずらわしいタクシーの客引き攻撃をかわして北寺塔まで歩いてゆく。北寺塔は76mの高さがあり、その最上階からは蘇州が一望できる。蘇州の城内には低層の住宅が一面に敷き詰められ、その向こうに高層ビルが並んでいるのが霞んで見える。水の都と思っていたが、水はほとんど見えない。

拙政園 拙政園は留園、獅子林、滄浪亭とならんで蘇州四大名園の一つで、明代に作られた水をテーマとした庭園だ。北寺塔から歩いてもたいしたことはない。
園内は広々としていて水のある公園といった感じだ。蘇州の街中の喧騒とは打って変わってゆっくりと静かに時間が過ぎる。芽吹いたばかりの柳の緑が美しい。

獅子林 次はお隣にある獅子林だ。ここは奇妙な形の石で通路が3D迷路のように張り巡らされている。子供は大喜びだろう。狭い庭園なのだが、見えているところに行こうとしてもなかなかたどり着けない。それどころか閉園時間なので外に出ようとしても出口に近づけない。やむを得ず、無理やりフリークライミングで通路を横切り出口にたどり着いた。

観前街 とうとう駅から繁華街、観前街まで歩いてきてしまった。自転車タクシーにいちど乗ったが、目的地とは全然関係ないマッサージ屋の前で降ろされてしまった。当然金は払わなかった。ここの自転車タクシーは10倍くらいの値段を吹っかけてくることも多く、悪質なので注意(相場はだいたい1元)。

観前街は駅から3km弱離れているが、このあたりが街の中心らしい。近代的なビルと中国的な建物、ファーストフードと蘇州料理の名店、ブランドショップにお土産屋といろいろなものがごちゃごちゃにまざっている。

松鼠桂魚 蘇州に来たら是非これ「松鼠桂魚」を食べてみたかった。淡水魚の王様と言われる桂魚を揚げて甘酢にあえた高価な料理だ。蘇州3大レストランの一つ王四酒家で150元で頂いた(注文したとき店員が150元だがいいのかと聞き直した。)身は淡白で臭みもなく、しかし脂も適度にのっていて、表面はサクサク、中の身はふっくらとしてとてもうまかった。他に前菜のアヒルの舌の蒸し物や、本場の紹興酒などどれもうまくて大満足。






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:蘇州
この記事へのコメント
私はやっぱり、中国は当分いいや…。
松鼠桂魚は魅力的だけどね!
Posted by ほーる・ぱいなっぷる at 2007年03月21日 00:39
高級中華料理は絶品だよ。安いのは...だけど。
Posted by 惰性人 at 2009年12月12日 12:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック