2007年06月16日

予想外の沢・・・北秋川・ヒヤマゴ沢

藤倉〜ヒヤマゴ沢〜浅間尾根〜藤倉

入梅したはずなのに雲ひとつない良い天気。これは儲けんもんだと北秋川・月夜見沢へ向かったが、秋川に到着した時間が遅くなってしまった。そこで月夜見沢のそばにあり、短時間で登れる(はず)のヒヤマゴ沢に入渓した。

070616ヒヤマゴ滝1 入渓点はキャンプ場でおまけに堰堤があり、その先はかなり藪っぽく不安になる。作業道らしきものをたどり堰堤の先から沢に下りる。
しかし、次第に小滝やナメなどでてきて沢らしくなってきて楽しくなってきた。広葉樹の樹林の中で沢も明るい。
今日が沢デビューとなる初心者にホールドの探し方など教えつつのんびり登る。

070616ヒヤマゴ滝2 次々と現われる滝はみな小さくて傾斜が緩く、難しいものはない(最後のルンゼ状の滝が一箇所だけぬめるホールドが渋い)。高度感もないのでハイキング気分で登ってゆける。
途中に小さいゴルジュのような場所もあった。そこで鹿に石を落とされた、、、

070616ヒヤマゴ詰め 水を追って本流と思われる沢を詰めてゆく。左に水の流れるルンゼ、右が滝が埋まったようなガレになっている二俣を左にとり、その先の水が消える二俣で右に入り尾根につき上がる。が、ここからが急で、まずはズリズリ滑るグズグズで急なガレ。足場が崩れると数十メートル下まで滑っていきそうだ。そこから右の小尾根に逃げると、そこは木をつかんで体を持ち上げるような急斜面とつる草混じりの藪だ。
予想外に手間取り、詰めに沢を登ったくらいの時間がかかってしまった。初心者にとっては滝よりこちらのほうが恐かっただろう。

070616御前山 無事に浅間尾根の一本松付近の登山道に出る。エアリアには載っていないが、ここから藤倉までおりる立派な登山道がある。途中切り開きがあり、御前山が大きく見えた。
帰りに瀬音の湯によってひと風呂浴びた。強アルカリ性の湯で肌がすべすべだ。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山 沢登り
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜沢
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。