2007年10月08日

日本海へ〜朝日岳・栂海新道(3)

3日目 栂海山荘〜白鳥山〜坂田峠〜親不知

夜中に風が出てきてフライが外れたので外に出てとめた。と、ますます風が強くなり雨まで降ってきた。テントが風でひしゃげてテントの側面が顔に載ってくるので寝にくい。向かいの大学生の三角テントは風でペグが抜け大騒ぎしている。
朝起きたら隣のテントは風で壊れてつぶれていた。木にはどこぞのテントのフライが引っかかっていた。トイレに行ったら天然のウォシュレットになっていた(上から水が落ちてくるが)。

071008黄蓮水場 起きてみたら暴風雨だった。5時に出るつもりが真っ暗で何も見えないので6時出発に変更。視界を塞ぐ濃いガス、よろけるほどの風、横殴りの雨、轟々と鳴る風の音で話もできない。慎重に下山を開始した。
黄蓮ノ水場にくるとブナの林のおかげで風の直撃を受けることもなくなった、が相変わらず風の音がすごい。私のカメラは水に弱いので、おっかなびっくりザックから出して一枚だけ写真を撮った。

071008栂海新道登山口 下駒ケ岳は豪雨のなか急登を木をつかみながら登った。そして白鳥小屋で一休みした後、ひたすら川になったぬかるんだ道を海まで下った。水がないかもしれないと言われたシキ割ノ水場は濁流だった。そして年期の入った透水性ゴアテックスの雨具を着た私はパンツまでびちょびちょだ。修行だ。悟りの境地に達しひたすら下る。
そして登山口に出た。

親不知の海は波が高く荒れて濁っていた。暗い海だった。
とうとう海までやってきた。槍ヶ岳から続く稜線の縦走も完遂した。深い充実感とグショグショに塗れたパンツと靴下の不快感の混ざった複雑な気分だった。
この寒いのに着替えはTシャツと短パンしかない...

今回のルート







このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山
posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走
この記事へのコメント
mixiのコミュから来ました。

素晴らしい登山ですね。
最終日はひどい天気のようでしたが、無事下山され良かったです。

北アルプスの主稜を完踏ですか、それは素晴らしい!
北アルプスは僕もかなり歩きましたが、それでも踏んでいない稜線だらけです。
Posted by ひでき at 2007年10月13日 19:36
ひできさん、コメントありがとうございます。

間違いなく栂海新道は今まで歩いた道のBest5に入るいいところでした。
本当にお勧めです。

まだ槍〜日本海まで歩いただけ穂高がまだです。
つなごうと思って歩いていないので、10年くらいかかりました。
穂高をつなぐのももう5年くらいかかるかもしれません。
Posted by 惰性人 at 2007年10月14日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。