2007年11月03日

雪山のはずが...〜常念岳から蝶ヶ岳(1)

1日目 三股〜前常念岳〜常念岳〜常念小屋

先々週に赤岳から見た常念岳は雪に覆われ白銀に輝いていた。そこで、今シーズン最初の雪山に登ろうと常念岳に行った。
数年前に常念岳に登ったときは吹雪の中、膝までもぐる雪に苦労したので完全冬山装備で向かう。

071103蝶ヶ岳 登山口の三股からすぐに急な樹林帯の登りとなる。三股から前常念岳までは約1300mの登りだ。3時間ほど歩くと樹木の間から蝶ヶ岳が見えてきた。
ところが雪がない...先々週に積もった雪はすべて溶けてしまったようだ。冬山装備が重い...

071103穂高 2400mくらいで森林限界線を超え、大きな岩がごろごろした急登になる。雲ひとつない青空をバックに穂高の雪が映える。ん?さすが穂高には雪が積もっているようだ。あっちに行けばよかったか...

071103前常念 前常念岳の頂上直下には立派な石室がある。ここの厳冬期の強風はかなりのものだが、それにもびくともせず建っている。以前、吹雪の中を登ってきたときにはとてもお世話になった。
振り返ると石室の屋根の向こうに雲の上に頭を出す南アルプス、八ヶ岳が望めた。

071103常念岳 前常念岳から尾根沿いに主稜線に出る。ここまでずっと無風でぽかぽかしていたが、やはり主稜線は冷たい強い風が吹いていた。あわててジャケットを着てとニット帽をかぶる。常念岳の登りはところどころ凍結した雪が残りツルツル滑った。

登りきった頂上からは北から白馬岳から後立山連峰、剣岳、立山、赤牛岳、薬師岳、雲ノ平、そしてもちろん槍ヶ岳、穂高、乗鞍岳、御岳、中ア、南ア、おまけに富士山と日本アルプスの主要な山々がぐるりと見渡せた。

071103常念小屋テント 常念岳から常念小屋へツルツル滑る急斜面を下り、小屋に着いたのはまだ2時前だった。こういうときはシュラフを干して一杯やって時間をつぶすに限る。新雪の槍穂を眺めながらビールを空ける。なんて贅沢。強い日差しのおかげでシュラフもポカポカになった。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜縦走
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。