2008年01月04日

アタック、そして敗退〜エクアドル・チンボラソ(6)

6日目 ウインパー小屋〜チンボラソ〜ウインパー小屋〜リオバンバ

080104出発 夜10時に起き(だから正確にはまだ5日目)、痛む頭を抱えながら出発の準備をする。11時半、ウインパー小屋出発、チンボラソ山頂を目指し午後4時くらいまでに下山の予定だ。
真っ暗の中、ヘッドランプの光を頼りにガレた道を稜線に向かって、ガイド5人とメンバー7人でぞろぞろと列を成して登る。見上げれば満天の星空で南十字星が我々を見守っていた。

1時間ほど登ったところでアイゼンを靴につけ、ガイドとザイルを結ぶ。トップがガイド、真ん中に相棒ひとり挟んでラストに私。3人が一直線になって登ってゆく。そこからすぐに凍った土砂の上に氷でコーティングされているようなルートになった。アイゼンがガリガリと音を立てる。滑り落ちそうな凍ったトラバースもあったが、真っ暗なので落ちたらどうなるのかさっぱり分からない。
主稜線に上がってすぐに、最大の難所(難所はないって話だったのに...)、氷河の末端の泥まじりの氷壁があった。真っ暗なので見上げてもどこまで続いているか分からない。セカンドが登るのを見ていると上から登って来い!と声をかけられたのであわてて取り付く。横で誰かが追い越して行く、氷のかけらが飛び散る、そして上ではガイド同士が怒鳴りあっている、おまけにセカンドが落ちてきて、私のピッケルを踏む...真っ暗なのにやたら騒然とした雰囲気の中、アイゼンのフロントを蹴り込みながら壁を登っていった。
数分で壁を登りきると、頂上まで続く氷河の上にいた。ここからは氷とグサグサの雪が交互に現れる斜面をただひたすら登って行けばいい。空もだんだん明るくなってきた。

緊張が解けた瞬間、急に足に力が入らなくなってきた。シャリバテの感覚だ。いつも山に登るときには1時間にあんぱんを1個食べるくらい行動食を大食いしているが、今日はもう5時間以上何も食べていない。ペースが極端に落ちるが、現地ガイド氏は容赦なくザイルを引っ張り、思わずひざを着く。ガイド氏に、腹が減ったから休もうや、と言いたかったが、ここでこのガイドは英語がほとんどできないことを知った。あ〜腹減った。

なんとか止まってもらって、チョコレートを口いっぱい頬張るが、ガイド氏は私が口にチョコレートを入れた瞬間にまた引っ張り始めた。口をモゴモゴしながら引きずられるように登って行くが、チョコレートのせいで息ができない。急に息苦しくなり頭痛が激しくなってきた。歩いていると意識がふっと途切れそうになる。仕方がないので先に行っている日本人ガイド氏を呼び戻し、セカンドを連れて先に行ってもらった。

とりあえず人の足は引っ張らずに済んだ。ここで休んで様子を見たかったが、ガイド氏に説明してもただ「Decide! Decide!」を連呼するばかり。仕方がないので悔しいが下ることにする。到達高度およそ標高6000m。

080104頂上へ この斜面の先にチンボラソの頂上がある。さっきまで近くに見えていた頂上が急に遠くなった。降り始めて10分もするとチョコが消化されたのか、体が温かくなり力が入るようになってきた。振り返って写真を撮る。明るくなって分かったのだが、ただ登るだけと思っていた氷河には、至るところにクレバスが口をあけていた。

080104氷壁 登るのに苦労した氷壁を、懸垂で降りて〜、と思いながら苦労してクライムダウンする。と、ガイド氏は懸垂下降で降りてきた。
壁は垂直ではなく、高さは10mちょいくらいだろうか。降りたところがくずれやすい砂の斜面になっていて、滑ったらちょっと危ない。

080104チンボラソ 主稜線から小屋のほうにちょっと降りたところから、チンボラソを振り返る。今頃みんなあのピークの上に立っているのだろう...

080104氷河 砂の斜面に見えているが実は懸垂氷河の末端だ。稜線から小屋へ下る道は、氷河から落ちてくる砂礫に覆われていて踏み跡が定かでなく、迷いやすい。おまけに常に落石がヒューン、ヒューンと音を立てて目の前を飛んでゆき、時にパシッ、とザックに当たる。これはメットがいるだろう!

しかし、登っているときには渋い顔をしていたガイド氏は今はニコニコしていて、私のことを「Oh, Friend!」などと呼んでいる。一緒にリタイアして下山している人が転んでも、鼻歌を歌いながらただ見ている。ちょっとムカつく。

080104Whymper小屋 10時半くらいに無事に小屋まで下りてきた。ガイド氏とは最後まで意思の疎通がはかれなかったが何はともあれ無事に下山したので、ガイド氏に感謝し握手して私のチャレンジは終わった。
小屋はみな出払っていてひっそりとしている。留守番のドライバー氏がお茶を入れてそっと手渡してくれた。彼はガイドになりたいと言っているが、きっと良いガイドになるだろう。

080104チンボラソ夕景 みな無事に下山し、リオバンバのホテルへ戻る。途中で車をとめ、みんなで夕焼けの写真を撮る。これが最後のチンボラソの眺めになるかもしれない。さようならチンボラソ。
下山しても頭痛がおさまらない、それどころか熱まででてきた。高度障害ではなく、単に風邪をひいただけか?






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。