2008年02月11日

失われたナンデムン

我々、外国人観光客にとって、おそらく韓国人にとってもソウルの象徴だったナンデムン(南大門)が焼失してしまった。
文禄・慶長の役、朝鮮戦争の時代の荒波にも抗してきた歴史の遺産があっけなく灰になってしまった。二度と戻らないものを失うというのは胸が痛むものだ。

南大門 焼失前の南大門(2004年6月)






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 21:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。