2008年03月15日

ヨワヨワ山行〜蔵王・刈田岳(1)

1日目 宮城蔵王澄川スノーパーク〜刈田岳〜スノーパーク

蔵王の刈田岳に登り、刈田峠の避難小屋で1泊して不忘山までスキー縦走する予定で澄川スノーパークに向かった。
ところがその朝は、天気は良いものの風速25mをこえる強風が吹き荒れ、リフトもなかなか動かず、さらに風が弱まるのを待っていたら入山が正午になってしまった。

080315後烏帽子 ゲレンデトップからキャットスキーのコースを逆に登ってゆく。後烏帽子岳がきれいに見えてきた。樹氷は完全に落ちてしまっているが、昨日の低気圧のおかげで木々はうっすらと白く化粧をしている。

080315エコーライン 相変わらず前のめりに歩かずにはいられないほどの強風が吹いている。それで刈田岳東尾根を避けてエコーライン沿いに刈田岳に向かう。主稜線は雲に覆われている。嫌な予感...

080315刈田岳 稜線は完全にガスの中。視界はほとんどなく地面と空の境もはっきりしない。風も強い。刈田岳に行ったはいいが、そこから刈田峠の小屋を探すのは至難の業だ。視界良好なら10分ほどで小屋に着くはずが、ちょっと進んでは地図で現在地を確認し、コンパスで方向を確認し、という具合でなかなか小屋に近づかない。とうとう日が暮れてきた。

本来ならここで穴を掘ってツエルトビバーグだが、温泉の誘惑に負けてエコーラインに戻って下山してしまった。弱すぎる...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。