2008年03月29日

トレーニング〜丹沢・塔ノ岳

大倉〜大倉尾根〜塔ノ岳〜三ノ塔〜三ノ塔尾根〜大倉

ここのところ雪の上を歩いてばかりだったので、しっかり土の上を歩くトレーニングのために塔ノ岳に日帰りで登ってきた。

大倉から出発して塔ノ岳、三ノ塔をまわって大倉に戻る周回コース。エアリアではコースタイム6時間となっているので、とりあえず休憩を入れて6時間以内に下山することとした。
装備は普通の日帰り装備。ツエルトはいらんと思ったが、トレーニングなので装備を軽くしてもしかたないのでビバーグ装備も一式持って行った。

080329花立山荘 中高年であふれるバスにゆられて大倉までやってきた。バス停を8:17に出発し、大倉尾根に取り付く。大倉尾根ははじめは明るい樹林の尾根だが、花立あたりで視界が開け富士山が良く見える。道はよく整備されていて歩きやすい。
さすがに丹沢は人が多い。天気も体調もよく、かなりいいペースで登ってきたが、いくら抜かしても人が途切れることがない。

080329塔ノ岳 金冷しで時計を見ると出発してから1時間50分になっている。どうせなら2時間で塔ノ岳まで行きたい。そこでぼちぼち雪の出てきた道を猛烈にダッシュする。ふらふらになりながら10:16に塔ノ岳山頂に到着。
塔ノ岳山頂は広くてぽかぽか陽気(でも10℃くらい)。さすがに丹沢山や蛭ヶ岳には雪がついているのが見える。

080329泥道 塔ノ岳から三ノ塔までの稜線にはほとんど雪がない。が、雪解けでドロドロ、グチャグチャ、ヌルヌルの急降下が沢山ある。雪がついているより怖い。ペースが上がらない。おまけに岩場はホールドが泥だらけで手が汚れること甚だし...

080329三ノ塔 三ノ塔の山頂手前で今日歩いて来た山々を振り返る。3時間半くらいしか歩いていないがずいぶん歩いたように見える。
それにしてもすれ違う登山者に二十歳前後の若い人が多い。頼もしいことですな。

080329菫 三ノ塔から三ノ塔尾根を大倉へ下る。途中林道に出るが、そのまま尾根沿いに下る。私のエアリアでは点線になっているがりっぱな登山道だ。
三ノ塔尾根の道は、植林の荒れた陰鬱な樹林帯の道でぜんぜん楽しくない。でも道端の菫が心を和ませてくれる。

13:07に大倉のバス停に戻ってきた。かなり急いで登ったのでさすがに疲れたな。

参考タイム
大倉バス停8:17-9:19堀山-10:16塔ノ岳山頂10:31-11:51三ノ塔11:57-13:07大倉バス停

今回のコース




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。