2008年04月05日

日帰りで行きました〜丹沢縦走

西丹沢〜檜洞丸〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜大倉

先週はトレーニングをかねて塔ノ岳に日帰りで行ったが、今週も引き続き丹沢に行ってきた。今回はちょっと長めに歩きたかったので、丹沢の主だった山々を1日で巡るゴージャスな縦走とした。

西丹沢のバス停からスタートし、檜洞丸、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳を踏んで大倉に下りる。日暮れ前には下山したいのでコースタイムは休憩を含めて9時間を見込んだ。

080405丹沢の花 スタートは西丹沢のバス停。今日のコースは時間的に余裕がないのにバスは15分遅れて到着した。山行計画書を提出し、装備を整え9時ちょうどに出発。
まずは東沢沿いに檜洞丸を目指す。木々はまだ冬枯れの状態だが、やっぱり春だねえ、花をつけた花木もあった。名前は知らない...

080405富士山 今日は絶好のハイキング日和で尾根の途中の展望台から富士山が大きく見える。あまりのぽかぽか陽気で、歩いているうちに暑くなって上着を脱いでTシャツで歩いた。

080405檜洞丸直下 歩き始めて2時間ほどで主稜線に上がった。さすがにそこにはまだ雪があった。ここは檜洞丸の山頂直下でブナの新緑がとても美しいところだが、まだ春半ばといった感じだ。

080405蛭ヶ岳へ 檜洞丸の頂上で少し休んで、蛭ヶ岳へと足を進める。雪がついた蛭ヶ岳はかなりかっこいい。それにしても苦労してここまで登ってきたのに、300mほど下って、また蛭ヶ岳まで同じくらい登り返すのはしんどいなあ。

080405蛭ヶ岳直下 檜洞丸から神ノ川乗越までひたすら下り、そこから細い尾根や鎖場、臼ヶ岳のブナの林を通って蛭ヶ岳への最後の急登にやって来た。蛭ヶ岳が近くなるとかなり雪が残っていて、鎖が雪に埋もれていたり、雪を踏み抜いて膝までもぐったりとなかなか大変だ。さらにこの尾根には至るところ仮称・陰険木(棘がある木の総称)が生えていて、体のあちこちに刺さって痛い。半袖の自分は特に大変だ。尾根の上や下から犠牲者の悲鳴が聞こえてくる...

080405丹沢山へ 蛭ヶ岳山頂で出発の遅れを完全に取り戻した。が、走るように登ってきたメンバーは少々お疲れぎみ。そこでお湯を沸かし、コーヒーをドリップして歩いて来た山々を眺めながらドーナツをぱくついて一息入れた。
元気が出てきたところで丹沢山に向かう。ここから塔ノ岳まではほとんど高低差がない穏やかな尾根で楽チンだ。だが、相変わらず雪があって踏み抜いたり、雪解けのために登山道がドロドロで滑ったり、ペースが上がらない。
雪が靴に入ったヒヤッとした感覚がサロンパスを張った感覚にそっくりで妙にうける。

080405丹沢山山頂 3時半近くに丹沢山山頂に到着。もうあたりは夕方の物寂しい雰囲気で満ちている。早く帰りたくなる。
それにしてもこの山頂はのっぺりしていて小屋まで建っていてどこが本当のピークかよく分からない。

080405塔ノ岳へ 丹沢山と塔ノ岳の間の尾根は穏やかで広い尾根が続く。ブナの林があったり、大山がよく見える草原があったりしてとてもいいところだ。草原の雰囲気は上越国境にちょっと似ていて丹沢ばなれしている。

080405塔ノ岳山頂 とうとう本日最後のピーク塔ノ岳に到着。山頂から今日歩いた山々をしみじみと眺める。檜洞丸は夕暮れの空気に霞んで見える。ずいぶん歩いたなあ。
日没まであと2時間弱。さすがに風も冷たく寒いので、ちょっと休んでから大倉尾根を駆け下りた。

参考タイム
西丹沢9:00-10:07展望台(1050m)10:11-11:05檜洞丸11:16-12:52ミカゲ沢の頭13:00-13:38蛭ヶ岳14:05-15:21丹沢山15:30-16:08塔ノ岳16:17-17:47大倉

今回のコース




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


タグ:登山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。