2008年04月24日

親友を見送る〜ネパール・Island Peak(6)

6日目 NAMCHE BAZAAR〜TENGBOCHE(タンボチェ)〜Dewoche(デボチェ、3770m)

昨日体調を崩した友人は念のためにチャーターしたヘリコプターでカトマンズへ下山することになった。Island Peakに登ろうと決めてからおよそ十年、ここ数年間、同じ時期に長期休暇をとるために連絡をとりあってきて、やっと実現したアイランド・ピークへの挑戦だった。それを思うとかけるべき言葉が見つからない。

080424ナムチェスタート 友をナムチェバザールに残し、隊はトレッキングを再開した。
丘には旅の無事を祈るタルチョが強い風にはためく。

080424アイリス 道端で咲く桜草とアイリスをよく見かける。どちらも日本のものよりも小さく、アイリスの丈は10cmくらいしかない。ゾッキョに食べられてしまったようで、道端にはそれ以外の花はあまり見られない。と言うことは、桜草とアイリスには毒があるのだろうか。

080428寄付 道はトラバースするように山肌に沿って水平に延々と続いている。そして乾燥した地面がところどころ崩壊して、道も崩れているところがある。途中、道を補修するための寄付を集めている人がいた。本当に補修に使っているのかなぁ、と思ったら去年ここを通った人は、明らかに道が良くなっていて驚いたそうだ。お金は有効に使われているようだ。

080424エベレスト2

ナムチェバザールから一つ目の大きな尾根を越えると正面にエベレストが見えてくる。はず...が、ここ数日晴れていてももやがかかっていて、透明度が悪く山がよく見えない。目を凝らすとかろうじて空に溶けていくようなエベレストのシルエットを見ることができた。しかし、写真にはほとんど写っていない。

背後でヘリの音がした。小さな黒い点がだんだん大きくなって、NAMCHE BAZAARのヘリポートに着陸した。友人を迎えに来たのだ。しばらくするとヘリは地面から離れ、山の間をまっすぐに遠ざかっていった。みんなで見えなくなるまで見送った。

080424ムスク MUSKを保護しましょう、とある。MUSKとはジャコウジカのことだ。ジャコウジカは、希少な香料である麝香がとれるために、乱獲され絶滅の危機に瀕している。現在ではワシントン条約で商業取引が禁止されている。

080424子供 子供とおかあ。子供が首にすっごいしがみついている。

080424上り坂 谷に沿った道は、3250mまで実に500mも下って沢を渡る(もったいない)。下りきったPHUNKI DRENGKAで昼食をとり、その後タンボチェまでおよそ600mの急登を登り返す。昼食を食べたあと体調がおかしくなってきた。体がだるく、脂汗が出て、呼吸が苦しくなると同時に指先がしびれてきた。たぶんかなりの熱があるに違いない。美しい石楠花の咲く坂を黙々とただ足を前に出すことだけを考えて登る。気が遠くなりそうだ。天気も雨が降りそうな感じになってきた。ううっ。なんとか写真を1枚だけ撮る。

080424タンボチェ寺院 やっとのことでタンボチェ(3867m)まで登ってきた。ここはチベット仏教の大きな寺院がある。

080424ネットカフェ お寺の横には隣にはなんとネットカフェがあった。ヒマラヤの奥地にネットカフェ...
タンボチェでサイトの予定だったが、サイト場がすでにいっぱいだったので、先のデボチェにサイトを張った。気分が悪いので夕食後すぐにテントに入る。昨日まで2人分の荷物があったテントには私の荷物だけポツリと置いてあった。






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。