2008年04月29日

疲労につき日程変更〜ネパール・Island Peak(11)

11日目 LOBUCHE〜DINGBOCHE (→map)

夜中に数回起きてトイレに行くのはもう日課になった。夜起きるのは面倒だがいいこともある。それは最高の星空を眺めることができることだ。ここは標高5000m近く、星空は明らかに標高4000m以下とは違う。星がたくさん見えるのは当然だが、白鳥座の北アメリカ星雲やいて座のM8のように肉眼では見にくいものも、ぱっと見て瞬間的に分かる。さらに月が出ていても天の川が見えるのだ。

080429朝食 今日はチュクンまで行く予定だったが、みんなかなりお疲れなのでディンボチェまでで行動をきりあげ、午後はゆっくり休むこととなった。
みんな食欲もなく、ここ数日はコックさんに朝食におかゆをリクエストしている。おかゆには全く味がないので、おしんこや、主婦の鑑Sさんが持参した梅干を入れて食べている。

080429Dughla峠

メンバーの調子とはうらはらに今日も天気がよい。展望のTuglha Passで一休みする。ここには人の背丈ほどのケルンが林立している。これはエベレストで亡くなったシェルパ達の墓標だ。

080429Dughlaパノラマ

Tuglha Passからは南西方向にAma Dablam(6814m)からTawoche(6542m),Cholatse(6440m),Arakamtse(6423m)などが眺められる。

080429ドゥクラ峠を下る 来るときは息が切れて辛かったTugla峠の急登を下る。下るのはなんてことはない。しかし、よろけて踏ん張ったりすれば、たちまち息が上がるので慎重に下る。

080429沢 Tuglhaの先で水量の多い沢を渡る。氷河から融けだした水は白くにごっている。

080429AmaDabulam

谷沿いの道をAma Dablamを正面に見てディンボチェへ下っていく。どうだこの景色!歩いているだけで(下痢を忘れて)幸せな気分になってくる。

080429IslanPeak

ストゥーパの建つ尾根を越えるとディンボチェの街が見える。同時に谷の奥にIsland Peakも見えてくる。

080429lunch お昼にはロッジに着いて昼食をとる。野沢菜みたいなものが入った饅頭がでた。ほんとに今回のコック長は器用だ。

080429AmaDabulam5 食事のあとはみんなと無駄話や、洗濯をしてのんびり過ごした。街の洗濯場で靴下を洗ってみた。ごしごしやってもきれいにならない。あきらめてすすいだが、いくらすすいでも水が黒い。あきらめ途中でやめた。恐るべし、5日間の汚れ+LOBUCHEの砂ぼこり。
ふとアマダブラムを見上げると、側壁に「5」の文字が見える。「アマダブラム5」と勝手に命名。






このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | 山登り〜海外
この記事へのコメント
ナマステ〜 楽しみに見ています。さすが〜正確!! いろいろな出来事を思い出します。ダンネバード!! 仕事も多忙なのに、リスペクトです。
Posted by 高木  保 at 2008年05月26日 17:34
ナマステ〜。
大量の写真とメモを見ながら必死に思い出しながら書いてます。
さっさと終わらせたいんですが、1日1つがいいところです。
山の名前を間違いそうです。間違いがあったら教えてくださいね〜。
Posted by 惰性人 at 2008年05月26日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。