2008年05月02日

アタック・キャンプへ〜ネパール・Island Peak(14)

14日目 アイランド・ピークBC〜 アタックキャンプ(C1 5500m) (→map)

080502ベースキャンプ

昨晩は12時過ぎに隣のドイツ隊が大騒ぎしていてうるさかった。彼らはこのBCから直接ピークを往復するために真夜中に出発したのだ。もうちょっと気遣って欲しいものだ。
昨夜は雪も降っていたが、今朝はいい天気。我々は今日は2時間くらい歩いてアタックキャンプC1に上がるだけなので昼前に出発する予定だ。

080502氷壁 BCから東に見える氷壁は迫力満点の壁だ。時折、雪崩れの音も聞こえる。しかし、この尾根のピークには名前がない。
出発までにギアの確認と荷物の仕分けをする。C1までゾッキョではなく人が荷物を運ぶので、必要最低限のものしか持って行けない。今晩はテントもアタック用の小さなテントになる。まあ、C1は標高5500mであまり寝ることもないだろうからそんなに気にならないだろう。

080502出発 準備も整い昼前に出発。モレーンのガレた斜面を一歩一歩登って行く。ちょっと登っただけで息が弾む。さすがに5000mを超えていると息苦しい。ゆっくり登り、そしてちょっと立ち止まって息を整え、時々 Power Breathe式呼吸をする。ひたすらその繰り返しだ。

080502キャンプ1

黙々と歩いていたら13時にC1に着いた。ゆるく広いゴーロの斜面に段々畑のように整地されたサイト場があり、そこに既にテントが張られていた。1つのドーム型テントに3人。ちょっと斜めだ。おまけに背中がごつごつしている。まあ、こんなもんだろう。
やることがない。暇だ。でも高度に慣れるために寝てはいけない。雪が降ってきたので散歩にも行けない。外ではグウグウと雷鳥が鳴いている。なんとなく無駄話をしているうちに夕食の時間になった。辛いネパールのインスタントラーメンを食べた。この高度でも食欲がある。明日の午前3時の出発に備えて6時ごろにさっさと寝る。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。


posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山登り〜海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。