2006年10月10日

山に行けなかった週末・秋空に思うこと

6日の23:36の急行能登で上野を発ち、翌日から北又小屋〜朝日岳〜栂海新道(北アルプス)を歩く予定だった。

5日発表の週末の天気予報はそれほど悪くなかったので、行ける事を期待していた。しかし6日発表の予報は、太平洋側では7日未明まで大荒れ後晴れ、に対して、日本海側では7日に大荒れで8日もあまり良くない予報だった。予想天気図では7日には日本海側に低気圧が発生し、発達しながら東進することになっていた。まるで厳冬期のように二つ目低気圧が発生して冬型の気圧配置になるかのようだった。

冷たい雨の中歩くのは今の時期はかなり体力を消耗するので、泣く泣く出発5時間前に中止を決め、鉄道、タクシーもろもろのキャンセルをした。

翌日は関東は風が強かったものの快晴。真っ青な空を見上げて、山に行きたかったな〜、などとため息をついていた。

しかし、ふたを開けてみれば、厳冬期並みに発達した低気圧によって冬型の気圧配置となり、北アルプスは冷たい雨どころか猛吹雪になっていた。私が登る予定だった朝日岳の隣の白馬岳では吹雪による遭難があり4人の方が亡くなられた。

遭難したパーティーにはガイドがついていたとのことだ。私でさえ嫌な感じを持っていたのだから彼にはもっと多くのものが見えていたと思う。なぜ彼は主稜線まで登ったのだろうか。何が彼の目を曇らせたのだろうか。


このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:登山
posted by 惰性人 at 23:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2007年01月19日

ぎゃあ、プラ靴壊れた...

明日から八ヶ岳に登るつもりだった。

荷物もほぼザックに詰め終えたので、最後の仕上げに念のためアイゼンのチェックをしようとプラ靴にワンタッチアイゼンをつけたり外したりしていた、そしたら、、、

「デロッ」

という感じで握っていた靴の足首のほうのプラスチックの柔らかい部分が裂けた!(ぎゃあぁぁぁ、、、泣!)

もう5年は使っているプラ靴だから仕方がないかも...
山で裂けるよりかはましかも...
でも今からじゃ靴を買いにいけないから中止だな...
冬山用の靴は高いんだよな...

泣く泣く相棒にごめんなさいの電話をして今泣いてます。


このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 22:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2007年03月31日

バーチャル下山体験法

ここ最近、仕事が忙しくて山に行く計画がなかなかたてられない。何とか計画をたてても天気が悪くてボツ、、、気がつけば3月は一度も山に行けなかった。

そんな私や忙しいあなたにぴったりの「バーチャル下山体験法」を発明したので伝授しよう。

決して「バーチャル登山」ではない。目的の山に登頂し、下山したときの充実した気持ちをバーチャルに体験するのである。

1.まずはお風呂を沸かす。
まずは風呂だ。でもまだ入ってはいけない。ここで入ったらゲームオーバーだ。

2.ジョギングする。
ちんたら走ってはいけない。体の芯まで疲れるように、思いっきり30分は走ろう。
冬は薄着で走ればあとで冬山下山(登山ではない)の気分を味わうことができる。

3.風呂に温泉のもと(入浴剤)を入れる。
できれば白くにごる、硫黄のにおいがするやつがいい。
「草津温泉ハップ」がおすすめ。
間違っても、湯の色が朝顔の花の汁のような青や赤の原色になるやつや、芳香族化合物のわざとらしいにおいのするものはいけない。バーチャルをお膳立てするためのリアリティは必要だ。

4.風呂に静かにつかる。
体からジョギングのほてりがさめないうちに静かに入ろう。
冬ならば冷えた体がジンジンしてくるぞ。

5.静かに目を閉じ、登った(つもりの)山の頂に思いをはせる。
そこには、下山後の充実した気分で温泉に入り疲れを癒すあなたがいるはずだ...
......
...

あ〜、山に行きたい...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 18:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2007年04月11日

リフト乗りのギネス記録

「1日でリフト乗り継ぎ44本 ギネスブック申請へ」( 4/11 asahi.com)

ニール・ライリーさんという方が、湯沢町のスキー場のリフトを1日に44本乗りギネスブックに申請するそうだ。

44本くらい馬鹿みたいにぐるぐる同じコースをまわって乗ったよ〜、と思ったら、全部違うリフトだそうだ。当たり前か。

以前の記録はアメリカの42本だそうだが、日本の方がリフト密度が高くて有利なのではないかと思う。志賀高原だとどれくらい乗れるのだろう?

「リフトの上で食事をとり」

そう言えば、自分も休憩するのがもったいなくて、デイバックに昼飯用のパンやら牛乳やらを入れて、リフトの上で食べていたなあ...





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:スキー
posted by 惰性人 at 23:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2007年04月21日

不思議な中国の列車事情

今日は木曽御嶽山にバックカントリースキーに行く予定だったが、天気が悪そうだったので中止にした。

これで山行3連続中止。
雨が降りそうなら行かない、という軟弱な態度がいけないのか...


さて、GWは北京からトルファンまで鉄道で旅をしようと思っている。

中国の長距離の鉄道の切符はすぐに売切れてしまうらしいので、日本の旅行社を通じて前もって手配しようとしたのだが、これがなかなか分かりにくい。

切符は発車の何日前から発売されるのだ?

1ヶ月前からだ、という人がいたので旅行会社に頼んだら、1週間前だと言う。それでお願いしたら、しばらくして北京発、トルファン行きは軍用列車も兼ねているので3日前だと連絡があった。それも寝台車の切符が買える保証はないとのこと。

3日前では日本を出る前日ではないか。取れなかったらどうしよう。
仕方がないのでなんでもいいから買ってくれと頼んだ。

一方、敦煌からトルファンまでの寝台車の切符を中国の旅行社に手配を頼んだら、2週間前にOKの返事が来た。

どうなっているのだ?


このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

タグ:旅行
posted by 惰性人 at 21:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。