2009年06月14日

山での自給自足は遠い...

090614奥多摩 山での自給自足マル秘作戦として、去年からテンカラ釣りを始めた。糸も縒り、毛針も巻き、形だけは準備万端。練習のために奥多摩に行った。

天気もそこそこよく、新緑もきれいで雰囲気は最高なのだが、釣れない。竿はきれいに振れるようになってきたが、釣れない。こんなに釣れないものか。
師匠はヤマメを釣ったのに。

自給自足の道は険しい...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記

2009年06月20日

こっそりヒマラヤの記事を更新。

こっそりヒマラヤ・アイランドピークの記事を更新している。
今のところ、1日目から6日目まで更新した。

一年前の記事をなにを今さら、という感じなのだが、ストックしてある写真を見ていたら、もうちょっと写真を追加したくなった。

1日で50〜100枚くらいの写真を撮っているので、このなかから5〜10枚の写真を選ぶのは至難の業だ。
それで遠慮なく追加することにした。

もう少しこっそり更新を続けようと思う。


このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 14:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2009年07月15日

劔岳 点の記

「劔岳 点の記」は新田次郎氏の最高傑作だと私は思う。
(ちなみに2番目は「孤高の人」)

その「劔岳 点の記」が映画化されたの観てきた。

結論から言えば、

いい映画ではないが、良くできてる。

キャストは秀逸だと思う。私のイメージにぴったり。
ただ、宮崎あおいには違和感が...

山々の映像もすごい。
八ッ峰や長次郎雪渓の映像はめったに観られない。
新雪のトレースのない立山も、私にはなかなか見れない(いつもすごいトレース)。
ただ、監督は本物の映像と言っていたが、本物を多少は知っている私にはちょっと物足りない。

当時の人々の様子や装備が原作を越えて、詳細に再現されていると思う。
ただ、原作にない脚色は不要だ。
ありそうもないシーンがある。
そして、新田氏の緻密なプロットが台無しになっている。

良くできた映画だ。
ただ、原作は傑作だが、映画は傑作とまではいかない。

でも、一番驚いたことは、観客がおばさんばかりだったことだ。
それもなぜかみな、キャラメル味のポップコーンを食べている。

雪の剣のシーンで、あま〜い匂いが漂っている。
勘弁してくれ...

090715剱岳


新雪の剣沢から剱岳



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 00:43 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記

2009年07月26日

山屋と原宿と私

090726ICI原宿店 ICI原宿店に初めて行った。いつもは、より遠くにある神保町に行っているが、渋谷の釣具屋に行ったついでによってみた。
レイアウトに余裕があって広々とした感じ。ただ、ウエアは豊富だが、お目当てのクライミングギアの品揃えはいまいちだった。

090726神宮前 ランチにしようとふらふらする。銀座のように整然とした街だが、銀座のような落ち着きはなく、いかにも渋谷の続きといったアジアンぽさがある。
山ヤの対極だな〜と思った。が、が、学生の頃この通りを部のトレーニングで、腐ったTシャツ、短パン姿で数十人で列をなして走っていたことを思い出した...

090727表参道

どこまでも続く表参道の人の列...
ひたすら暑苦しい。それにしてもみなさん、この暑い中外出するとは、元気ですな。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2009年08月01日

ダムと選挙と私

今月30日は衆議院選挙の投票日だ。

普段は浮世を離れて、人影のない山をうろうろしている私だが、いっぱしの有権者として民主党と自民党のマニュフェストを読んでみた。

でも挫折した。

ただ、民主党のマニュフェストのなかに、

「八ッ場ダム建設中止」

があった。
OK、もうこれで十分、と思って読むのをやめた。

八ッ場ダムは群馬県の吾妻川に建設中のダムで、昭和24年に計画されて以来、未だに完成していない。
それにもかかわらず、その間に莫大な税金が投入されてきた。

さらに、このダムが完成すると紅葉の渓谷美がすばらしい、天然記念物の吾妻峡の大半が水没する。
鎌倉時代からの歴史のある、名湯、川原湯温泉もダムの底に沈むことになる。

50年以上なくて困らなかったんだから、今さら税金かけて自然破壊しなくてもいいんじゃない、って思うわけさ。壊したら、いくらお金をかけても戻らないよ。

090801吾妻峡

深いゴルジュを刻んで流れる吾妻峡に沿って、遊歩道がつけられている。紅葉した雑木林の間をゆったり歩ける気持ちのよい場所だ。
ダムができればこの紅葉も二度と見ることができなくなる。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 14:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。