2009年08月20日

こっそりヒマラヤの記事を更新。その2

山にも旅にも行かず引きこもりの日々...

とりたてて新しいネタがないので、先日に引き続き、こっそりヒマラヤ・アイランドピークの記事を更新している。
今のところ、7日目から12日目まで更新した。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2009年08月27日

世界最高展望台

『世界最高展望台にギネスが認定、上海の森ビル「海抜478メートル」』(産経ニュース、8/27)

上海にある高層ビル、上海環球金融中心の展望台が、世界最高地上高の展望台としてギネスブックに載った。

以前、上海環球金融中心と台北101とどちらが高いのか悩んでみたりした。
実際に行ってみたりもした。

なんだかんだで、台北101のほうが高いという結論に達した。
やはり、世界最高展望台は世界最高ビルではないのだ。

ただし、建設中のブルジュ・ドバイが既に818mに達しているらしいので、ブルジュ・ドバイに展望台が作られるなら、上海環球金融中心の世界一もつかの間だ。

090827上海環球金融中心 上海環球金融中心の展望台の床はあちこちガラス張りになっている。
不必要におっかない。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

2009年09月06日

おおっ、火事か!?

バスに乗っていた。
フロントガラスを通して、前方のビルの合間から、ビルを包み込むようなもうもうと白煙が上がっているのが見えた。

おお、火事か?
と思ったが、だんだん人通りが多くなり、すごい行列となり、ついには警察車両が歩道をかためる事態となった。

090906目黒の秋刀魚 近づいてみれば何のことはない、秋刀魚を焼いていた。

今日は目黒のさんま祭りらしい。

それにしても、ずいぶん多くの人が長い列を作っている。みんなそんなに秋刀魚を食べたいのか。9/20の目黒のさんま祭でも秋刀魚を食べられるぞ。

ちなみに目黒のさんま祭り目黒のさんま祭は違う。 前者が品川区で後者が目黒区だ。
ややこしいな。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 00:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2009年10月20日

タッパに入った行動食

友人と話をしていて、食品の賞味期限の話から、なぜか登山の行動食をタッパに入れる話になった。

行動食を入れるのに、大き目のタッパを愛用している人がいる。
タッパに入れれば、クッキーが粉末食品になったり、餡パンが粘土のようになったりするのを防げる。

でも私は使わない。
かさばるから。

山行が終わりに近づくにつれて、ザックが小さくなってゆく快感も味わうことができない...

粉になろうが粘土状になろうが、味も栄養もまあ変わらない。


そういえば、行動食を袋から全部出して、タッパに詰める山仲間いる。

彼は、チョコフレークやコアラのマーチなんかを袋を開けて、ひとつのタッパにザザーッとあけて、持ち歩いている。
休憩のときにおもむろにタッパをザックから取り出し、それを開けて、中のチョコフレークとコアラのマーチの混合物をスプーンですくって食べている。

いつも同じものを食べているように見えたので、聞いてみた。
前回の残りをそのまま持ってきたそうだ。

そして、残り少なくなると、そこにまた新しいチョコフレークをザザーッ、と補充する。
古いチョコフレークの上に、新しいチョコフレーク...
一体、いつのチョコフレークが混じっているんだろうか...

おでんの秘伝のダシのようだ...

良い子はまねしないように。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 23:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2009年10月23日

そ、それはやめようよ...

『「山の日」制定へ始動 日本山岳会、国民の祝日目指す』(10/22 NIKKEI NET)

日本山岳会(JAC)が若者の山離れを食い止めるために、「山の日」を制定し、国民の祝日を目指すそうだ。

そ、それだけはやめようよ...

JAC常務理事曰く、
『「会員の平均年齢は67歳になり、目標を失いかけている。何とか再び若年層を取り込み、活力を取り戻したい」』(同)

って、間違ってる! 若者離れで登山者が高齢化しているんじゃなくて、

JACの会員が高齢化しているんだよ!

確かに山に行くと、中高年が多い。
だからと言って登山者の平均年齢が、JACの平均年齢と同じ67歳もあるとは思えない。
さらには、ここ数年の雰囲気として、丹沢や奥多摩などのハイキングコースは、20代の若い人が増えた気がする。

おまけに「海の日」でさえ、北アなどメジャーな山域は怒涛の人混みで、オーバーユースぎみだ。それなのに、山の日なんぞ作ってこれ以上山をいじめないで欲しい。

JACの人たちは最近あまり山に行ってないのかな〜?
山に人を呼び戻すより、JACを魅力ある組織にするほうが先だと思うんだけど...



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 00:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。