2010年06月18日

岳人7月号〜山岳部の飯

毎月買ってる山岳雑誌・岳人。


今月号の特集で明治大学山岳部の食料計画が紹介されていた。それをみて驚いた。


自分の学生のときと一緒じゃん!


私は明大山岳部出身ではないが、驚くほど今の彼らの食事と、当時の私の食事が似ている。


  • 重かろうがなんだろうが、生米、生肉、生野菜(早口言葉みたい...)
  • 砂糖たっぷりの激甘モーニングティー。普通の紅茶より重い...
  • もちろん冬はペミカン
  • ザックに入りきらないほどの巨大鍋。無理にザックに入れるとザックがカレーの匂いになる。
  • すばやく点火するのにテクがいる灯油ストーブ。失敗すると炎上

もちろん違うところもある。夏合宿の肉はハムだそうだが、うちはベーコンだった。また、行動食は巨大乾パンオンリー(泣)。飯を炊くのは鍋ではなくて飯盒だった。なぜなら薪があるところでは、焚き火で飯を炊いたからだ。雨がつらかった。(大泣)


でも全体としてはかなり似ている。学生登山を突き詰めていくと、同じところにたどりつくのだろうか。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 22:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2010年08月17日

岳人9月号

今月の「岳人」の特集は


「ひとり歩きのための地図読本」


う〜ん。


先輩に怒鳴られながら、壁のような藪やひたすら真っ白な雪原を右往左往して地図読みを身につけた人間としては、本を読んで地図が読めるようになるか!現場100回だ!

と思うんだけど、どうでしょ?


みもふたもないので次の話題。


「白峰南嶺の一画に飛び出す新ルート」


というタイトルで、白峰南嶺の笹山への登山道が紹介されている。


はっきり言って、残念でしかたない。


私は北岳から笹山を経て転付峠へ縦走したことがある。そのとき、笹山はその白峰南嶺という、踏み跡程度のルートを2日分の水をボッカしてたどりつける秘境だった。


しかし、その笹山に登山道が開かれたという。


なんで、なんでもかんでも、こんなマイナーな山にまで道をつけるのだ!そっとしておいて欲しかった...。

こういう道がないがすばらしい山は、登山道という名の遊歩道に飽き足りず、あるいは人にあふれた山に疲れた、心から自然の山を愛する登山者がたどりつく聖地であるべき、と私は思う...。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2010年09月05日

たまにはイッテQ!も...

さっき、日テレの「世界の果てまでイッテQ!」でイモトさんが、モンブラン登頂に挑んでいた。


モンブラン登頂者に聞くと、皆、「ガイドに引きずられるようにして歩くのがしんどい、ガイドが憎くなる。」と言っていた。


確かにイモトさんも苦しそうだった。

でも、いつもながら大げさな演出たっぷりの番組だ...


そして感動の結末、最後のナレーション。ちょっと長いけど引用、


”立ちはだかる苦難、試される自分、

自然の厳しさと美しさ、

仲間達との友情、

そして極限の疲労、

人生にそんなものはなくても困らないが、

あればあったですばらしい。”


うん、うん、そうだよな〜、このわざとら番組もたまにはいいこと言うな〜、


などとしみじみと思った。


うちの山岳部にもイモト欲し〜い、とも、しみじみと思った...




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 22:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2010年09月12日

これはなに?苔?海苔?

100912イワタケ これはなに?苔?海苔?いやいや岩茸だ。
岩「茸」と言ってもキノコじゃない。地衣類だ。
クライミングをしていると、垂直に近い岩壁に黒く乾いた苔のように張り付いているのを見つけたりする。その採取の難しさと成長の遅さから幻の食材とも言われる。

その幻が小川山の近くのスーパーで売っていたので買ってきた。

酢の物がポピュラーなので、自分でもやってみた。味はなく、歯ごたえはキクラゲ、と言うかキクラゲよりだいぶ薄いので、単なるゴム膜と言うか...おまけに、表面のざらざらをかなりしっかり落とさないと、口に入れた感触が悪い。イマイチ。


味噌汁に入れてみた。見かけはワカメっぽいが、歯ごたえはキクラゲ...またはゴム膜。


発想を転換して、ペペロンチーノに入れてみた。うん、面白い食感。油に合うかもしれない。


北京でキクラゲと山芋の炒め物を食べたことがある。胡麻油の風味がよかった。おそらく、このキクラゲのかわりに岩茸を入れれば合うんじゃないかな。と言う事で山芋を買ってきた。後で試してみようっと。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 15:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2010年11月10日

ドガ@横浜美術館

101107横浜美術館ドガ展

APECの警備が物々しい横浜へ。横浜美術館で開催中のドガ展に行った。


初来日のドガの代表作「エトワール」を生で観ることができた。踊り子の一瞬の動きを、浮かび上がるようなライティングでとらえるところが絶妙だ。ドガの最高傑作と言われるだけのことはある。


それにひきかえ、他の絵はどうしたことだ。なんか途中で飽きてうっちゃらかしたような絵(デッサンや習作ではなく)が沢山あった...


ドガ展は横浜美術館で12/31まで。エトワールを観るだけでも損はない。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。