2012年01月17日

岳人2月号・雪山へのステップ...

なんとなく買いそびれ、今日、やっと岳人2月号を買った。


第1特集は、「雪山へのステップ」。


心構えから、装備、行動、宿泊と、雪山の入門講座。コースガイドは権現、天狗、安達太良...最近特集が小粒になったな〜、知識は重要だけどこれだけじゃな〜、と思って見たら執筆者に知人の名前が。いかん、いかん、いい記事です。


さらにパラパラとめくると、第2特集は「知って得する雪山の裏技」。


意外と面白い。いろんな山岳会の人が、雪山での小技、ノウハウを紹介している。他の山岳会といっしょに登る機会はあまりないので、けっこう目からうろこだ。 水作りのときの鍋拭きが4種類も紹介されている。ちなみに私は速乾性の布巾。きっちり絞って膝の上にでもかけておけば、すぐに乾くから。

ただ、私から見ると、「それはないだろ!」と思われるのもあるので吟味の余地あり。


それはないだろ!と思わせるのがもうひとつ。


「山道具を試す」は今月号は中型ザック。筆頭に挙げられているのは「montbell アルパインパック」。なにを隠そう私のザックがこれ。(「モンベル・アルパインパック60〜バックパック」)。


記事ではモンベルのザックで「最も出来がいいと断言できる。」そうだ。それはないだろ...今までのザックがよっぽどひどかったのかな?悪いザックではないが、背中のパッドが硬すぎるのと、ウエストベルトのサポートが弱いのが、他のザックと比べるとつらいところ。


以前使っていた軽量ザック(秀山荘オリジナルだったか?)のほうがよかったな〜。復刻してくれないかな〜。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2012年05月21日

金環食、見たぞ!撮ったぞ!

5月21日は日本ではまさに世紀の天体ショー、金環食。昨夜の天気予報は曇りを告げる。お天気おねーさんは「雲の合間から見られるかもしれません」と、不自然なテンションで作り笑いをしていた...。2009年の嵐で終わった皆既日食(「追撃!黒い太陽」)に続いて、またもや雪辱を味わうことになるのか...


6時に起きると...どんよりと曇り、太陽がどこにあるかさえ分からない。かすかな希望を抱き、下見しておいた観測場所に向かう。カメラのセッティングをしていると、ポツリポツリと空から冷たいしずくが...おまけにレリーズ忘れた...泣きたくなってきた。たくさんの人が集まり、空を眺め、無理かな〜とつぶやいている。

ところが7時に近くなるにつれ、雲が薄くなりちょっとしたすき間が見えるようになってきた。雲を通して欠けた太陽が見える。とにかく何か写っていればいいとやけくそになってシャッターを切りまくる。やや暗くなり、気温が徐々に下がっているのがわかる。そして、その時、歓声が上がる。


120521金環食1

金環食の始まりは雲が厚くてよく分からなかった。しかし、また雲が薄くなると、そこには見たこともない太陽が。日食眼鏡を通してみるとのっぺりしてしまうが、雲を通して直に見ると(良い子はまねしないでね)、本当に金色のリングがキラキラと輝いていた。すばらしい。月に隠された部分も空色なんだ、と妙なところで感心する。カラスも大騒ぎしている。


120521金環食風景 雲が切れるのを祈りながら、モアイのように同じ方向を向く人々。

120521金環食2

コンデジで撮った写真のほうが雰囲気が分かる。


ああ、よかった。きれいだった。なんかホッとした。次は皆既日食のリベンジをしたいな〜。2016インドネシアか、2017北米かな。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 11:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2012年06月02日

乗ってはいけない!航空会社リスト

EU域内乗り入れ禁止航空会社リスト」をご存知だろうか?


EUは毎年、安全上問題のある航空会社をリストアップして、EU域内への乗り入れを禁止している。乗り入れを禁止された航空会社は、EU域内の飛行場に着陸するどころか、上空をかすることも許されない。

安全上の問題とは、機体整備不良の恐れや、古すぎる機体(30年以上)、セキュリティ管理などで、禁止するのももっともだ。


今年のリストはここにある。


さーっと見て行って驚いた。アフガニスタンの航空会社が4社掲載されている。まだ内戦状態なのに航空会社が4社もあるのか。


しかし、驚くのは早かった。ページをめくると、"AERO SERVICE"という、いかにも航空会社らしい名前のCongo(コンゴ)の航空会社がトップにあった。その次は"EQUAFLIGHT SERVICE"。これもコンゴ。と、ず〜っとこのページは全部コンゴ。そして、話の展開は読めたと思うが、次のページも全部コンゴ次の次も...


コンゴ、どんだけあるんだ!


ざっと数えて40社。目がチカチカするので数え間違えたかもしれない。しかし、多い。日本だって20社ちょっとしかないのに。もしかしたらコンゴは日本の個人タクシーのように、個人航空会社があるのかもしれない。"AIR KASAI"は、実は、"AIR 葛西"だったりして...それはないか。


リストを通して見ると、アフリカ、中央アジア(カザフスタン、キルギス)、東南アジア(インドネシア、フィリピン)が多い。それもコンゴのように何十社もある国が複数ある。規制が緩くて、航空会社が乱立している国の航空会社が危ないのかもしれない。


皆さんもこういった航空会社を使わないように注意しよう。もっとも普通はお目にかかることもないと思うが...




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 12:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

2012年06月06日

どんどん延びる「万里の長城」

今日は金星の日面通過の写真をアップしようと思っていたが、厚い雲にさえぎられ、太陽がどこにあるかさえわからなかった。終了。


ところで、新聞で面白い、いや、ちょっと残念な記事を見つけた。


"「万里の長城」もっと長かった 全長2万1196キロ "(日経新聞 6/6)


月からでも見られるという長い長い万里の長城(実は月から見えるというのはガセ)。かつては東の端は河北省の山海関、西の端は甘粛省の嘉峪関だった。それで万里の長城を制覇すべく、砂漠に流れる川でぷっつりと切れる嘉峪関と、黄海に終わる山海関の両端に行ってみたのであった。(万里の長城の西の果て嘉峪関 & 老龍頭、万里の長城の果て


ところが、2009年に中国政府は唐突に「東の果ては山海関じゃないよ、虎山長城だよ〜、へへ〜ん」と言い出した。何ということだ、行かなくては...

などと思っていたところ、中国政府は今日になって突然「実は万里の長城は従来の8850kmじゃないよ〜、黒竜江省や新疆ウイグル自治区をも含む2万1200kmだよ〜」だって。


いきなり1万3千kmも延ばすなよ! 端っこはどこなんだ〜!


延ばしすぎだよ。おそらく発見されたというより定義が変わったのだと思う。敦煌に行ったとき、郊外の砂漠に延々と土塁が続いていた。ガイドによればそれは漢代の長城だと言う事だった(砂漠の遺跡を巡る)。今回の見直しで、こういった土塁も長城と認められたのだろう。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 22:09 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記

2012年06月15日

岳人7月号、夏山シーズン到来

今日は月に一度の岳人の発売日。最近は発売日に買いそびれると、翌日には売り切れていたりするので要注意。いまいちビギナーには人気のない岳人だが、それでも山ブームにのって売れているようだ。(最近は表紙が山ガールの写真だからか?)


第1特集は「夏山へ」。

夏山シーズンにありきたりの特集に思えるが、そこは岳人、針ノ木古道や信越トレイルが紹介されている。渋い。三伏峠から赤石岳の記事もある。なつかし〜な。ブログに書いた記録にリンクを張ろうと思ったが、前回行ったのはこのブログを始める前か...。やや、朝日岳もある、こっちはもっと前に行ったんだ。時のたつ早さを思い知らされる。


第2特集は「沢のガイドと基礎技術講座」。

やっぱり夏山は沢でしょ。去年は震災支援のために山は半自粛状態(お金も時間も限られているもので...)であまり沢に行かなかったので、今年は行こう。紹介されている尾瀬に近い笠科川流域の沢は、小粒だが写真で見る限りなかなか美しくそそられる。


第3特集は「フィッツロイ」。次にパタゴニアに行くときはぜひ行きたい。風邪ひいて入り口までしか行けなかったパイネのリベンジも兼ねて...(「ブエノスアイレスへGO!〜南米・パタゴニアの旅」)


「山道具を試す」はシュラフ。関係ない。たぶんシュラフは今使っているのが裂けるまで、おそらく5年は買わないだろう...


「放課後の『山道具概論』」は今話題の「ファイントラック」。関係ない。山のウエアはワークマンやコーナン、せいぜいユニクロの私にとって、こんなに高価なウエアは気になるが関係ない...


さて、梅雨も明ければ本格的な夏山シーズン到来、どこへ行くか考えよう。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。