2012年01月15日

ユニクロ・ウインターセール

山や海外旅行でのウエアを物色しに、ユニクロのウインターセールに行ってきた。これから厳冬期というときに安くなるのはありがたい。


なんだかんだ言っても私の山のウエアはユニクロが多い。デザインが大雑把でアウトドアメーカーの細やかな機能には負けるが、基本的はしっかり抑え、安くて丈夫なのがいい。


120115ユニクロ・ダンパン、パーカー 気になるものはいろいろあったが、暖パン(ウォームイージーカーゴ)とポケットパーカー(ライトポケッタブルパーカー)を買った。
暖パンは山仲間で使っている人が多く、「冬の八ヶ岳でも暑いときがある」と言わしめるズボンだ。表地はポリエステルで防風、裏地はフリースでフカフカしていて暖かい。ゆったりと動きやすく、これなら山スキーにも使えそうだ。

120115ユニクロ・パーカーの重さ パーカーは薄いナイロンにポリエステルがコーティングしてあり、耐風撥水製を備えている。
畳むと、さすがにポケットには入らないが、手のひらにのるくらいの大きさで、重さも130gくらいしかない。フードもあるので、冬の低山ハイクでのジャケットの代わりや、海外での軽いトレッキングでの雨具の代わりに重宝しそうだ。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 16:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山のアイテム

2012年01月28日

Black Diamondしかない!〜エクスプレスアイススクリュー

山を始めたばかりの人に常々言っている。


「うまくなりたかったら道具は人に借りないで、自分の物を買いなさい!」


と言うのも、自分の道具を買えば、元を取ろうとそれなりの回数山に行くようになり、また、道具の癖も、自分にあった道具の選び方もわかるようになる。そして、命をかけるクライミングの装備は自分でメンテナンスするのが大原則だろう。


ところが!


アイスクライミングに何度も行っているにも関わらず、自分のアイススクリューを持っていなかった...みんな多めに持ってきているので、私が持っていかなくてもなんとかなっていたから...。


偉そうなことを言っていたのにごめんなさい...やっと買いました...。


120128ブラックダイアモンド・エクスプレスアイススクリュー Black Diamond エクスプレスアイススクリュー

仲間のベテラン陣によると、アイススクリューはBlack Diamondしかない。氷への食いつきがダントツで他のメーカは考えられないとのこと。そのBlack Diamondのスクリューはハンドル「あり」と「なし」の2種類ある。軽くて安い「なし」がいいが、私は極度の冷え性ですぐ指が動かなくなるので、念のため「あり」にした。

しかし、まだまだ残念なことが...。買ったのは、なんとかセルフビレーだけでもと、13cmと16cmの一本ずつ。だって、私の会社が万年赤字+被災のため、ボーナスカットに続き、今月から給料が8万円カット...でかすぎる!山より生活が危ない...。


給料が戻ったらワンセットそろえます...


アイススクリューはなかなか安売りしてないけれど、ここは1本5670円でポイント10倍(2012/1/28現在)。3本買えば送料無料。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 12:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山のアイテム

2012年06月28日

夏山用トップス(激安)を試す

梅雨があければ本格的な夏山シーズン。

夏山縦走のトップスをどうするかは悩みの種だ。


岩や沢なら悩まない。速乾性半袖Tシャツにポリエステル100%の薄手の作業着を着る。なんと言っても安全のためには、丈夫な長袖シャツが一番だ。めいっぱい歩くことも少ないので、そんなに汗もかかない。

しかし、ただ歩くだけの縦走ではこれは暑い。いくらポリエステル100%でも汗で濡れればべっとりまとわりつく。「じゃあ、Tシャツで歩きゃいいじゃん」と言われそうだが、私は日焼けに弱いので、半袖のときはまるでグリスのようにべっとりと、日焼け止めを塗らなければならない。これはこれで不快だ。


ところで普段ランニングするときには、ユニクロの半袖のメッシュのスポーツウエアを着ている。これがとてもいい(もう売っていない)。速乾性で濡れてもさらりとしている、メッシュなので走ると風が通って涼しい。なので、こんな速乾性のメッシュの長袖シャツはないかと探していた。


もちろん、ある。お金を出せば。ファイントラックなど登山用ウエアのメーカーやadidasなどのスポーツウエアのメーカーから出ている。だいたい4千円以上する。高い。グンゼのような下着メーカーからも出ている。それでも2千円くらい。なんとか妥協の余地がありそうな...。しかし、東電以上の年収カットで、この夏のボーナスが最後のボーナスになりそうな、先行きの危うい会社に勤めている私としては、極限までケチりたい。


120628夏山用Tシャツ1 で、買ったのがこれ。コーナンの作業着の売り場で買った。速乾性素材のメッシュ長袖Tシャツ。
1000円

写真ではヨレヨレに見えるが、質感はユニクロのメッシュTシャツとあまり変わらない。ただ、縫製は雑。1000円だから...。
ネットで調べたらコーナンに関わらず、作業着としてこの手のシャツは一般的に売られているようだ。

120628夏山用Tシャツ2 うれしいことに襟がややハイネックになっている。これだったら首にタオルをかけていても、しましまに日焼けすることはない。

大切なのは着心地。
先日の瑞牆で試してみた。とても良かった。汗をかいてもさらりとした肌触り、風が吹くと涼しい(というかちょっと寒い...)。
自転車ツーリングにも試したが、風が通って気持ちよかった。これで数回の洗濯に耐えるのであれば、かなりお買い得だと思う。

やっぱり作業着屋は貧乏山ヤの救世主だ。



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

posted by 惰性人 at 21:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山のアイテム
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。