2010年01月23日

世界遺産・頤和園その2〜中国・東北、漠河の旅(15)

1月1日 北京散策(王府井〜頤和園)

(前回の続き)

100101頤和園昆明湖の清晏舫

万寿山の山裾を西の端まで歩き、昆明湖の氷上に下りてみる。氷は固く透明で、湖底で氷に閉じ込められている水草も見える。とは言え、水深はせいぜい20cmくらいしかないようだ。部分的になぜかなだらかに傾斜があって滑って歩きにくいが、平らなところは意外としっかり歩ける。


目の前に船が見える。氷に閉ざされた船か?と思ったが、石でできた水に浮かない船「清晏舫」だった。氷の上は風が吹いていて寒い。あの船に避難しよう。


100101頤和園氷上を歩いてはいけません。

氷上を歩いてはいけないとの看板が...人民は無視して歩く。もちろん私も歩く。


100101頤和園昆明湖の氷上

清晏舫に上がろうと思ったが、甲板から湖面までの高さがあって上がれない。陸に戻ろうとしたが、どこも柵があったり防波堤みたいになっていて上がれない。上がれないようにする嫌がらせじゃなくて、湖に下りれないようにしてあるんだと思うが...。しかたがないので、寒さに震えながら湖を横断する。ここから見る仏香閣はかっこいい。


100101頤和園十七孔橋

万寿山と反対側の湖岸にある南湖島に上陸し、十七孔橋を渡る。中国庭園最長の150mの橋らしいが、すごいんだかどうだか分からない。


100101頤和園十七孔橋の獅子

十七孔橋の欄干には544体の獅子像が彫られているが、一つ一つ違っていて個性がある。


100101頤和園銅牛

日も傾いてきたし、寒くなってきたので湖の西岸はまた今度にして、東岸に沿って入園した北宮門に向かう。途中で銅の牛に出会った。


100101頤和園十七孔橋の夕日

4時をすぎ空が夕暮れ色に変わってゆく。氷の湖面に映る夕日と十七孔橋のシルエットが美しい。


ここで重大なことに気付いた。頤和園の総合入場券には純粋な入場券と、蘇州街などの別料金の券が一緒になっている。さらに頤和園の閉園時間は7時なのに、別料金部分は4時半だ。この別料金の部分がまだ2つ残っている!閉館まであと30分しかない。急げ!


100101頤和園麒麟銅像 急いだ...でも徳和園は間に合わなかった。また今度。

最後に人の多い仁寿殿とその前の麒麟銅像(私には腕立て伏せをしている龍に見える)を見て、頤和園を後にした。

100101マックのタロイモパイ 漠河で得た耐寒能力も既に失い、氷の上の吹きさらしで体が凍えきってしまったので、北宮門前のマックに逃げ込んで体を温める。
いつもコーヒーだけでは芸がないので、なんだかわらないが「香芋派」を買った。タロイモパイだった。
なんでタロイモが「香芋」なんだろう? おまけにジャガイモは「土豆」、サツマイモは「土瓜」で芋扱いされてないのに、タロイモは芋だ。

100101北京宮正味大酒楼 頤和園から帰って晩飯に行く。朝陽門にある宮廷料理の名店「北京宮正味大酒楼」、ごちそうだ!!内装やサービスは日本の高級中華料理店に負けないと思う。何を頼んだらいいか分からないので、名物料理を適当にお願いした。なんだか分からないものが運ばれてくるが、みなうまい!(左の亀の卵のスープは分かった。)1998年ものの長城ワインもうまい。
ただ、中国人を超える大声で話しながら食事をしている日本人観光客が、騒々しく場違いだった。

100101鳥の脚 宿に帰ってシャワーを浴び、すっかりくつろいで、中国最後の夜、今回の旅が無事に終わることを祝してビールで乾杯。つまみは鶏の脚。





このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2010年01月24日

雪の紫禁城〜中国・東北、漠河の旅(16)

1月2日 北京(景山公園、王府井)〜北京空港〜成田

(前回の続き)

100102北京雪の朝 朝、目を覚ましカーテンをあけると、そこは雪国だった。北京で雪景色を見るとは思ってもいなかった。

今日は故宮の絶好のビューポイント、景山公園に行こうと思っていたので、ちょうどいい。雪の紫禁城を眺められるだろう。

100102北京饅頭の朝食 景山公園まで歩いてゆく。途中、朝食のため店頭で包子(肉まん)を蒸かしている小さな食堂に入る。包子4元(約60円)、味もボリュームも満足。でもこういう小さな店は、中に何が入っているか怪しいんだよな...

100102北京景山公園

雪をサクサク踏みしめて景山公園にやって来た。故宮の正門、午門から神武門を結ぶ北京の中心線の延長線上、神武門に接するところに景山公園はある。故宮の中からでも、建ち並ぶ殿閣の屋根の向こうに、景山公園の小高い丘と山頂の楼閣を見ることができる。


景山は標高108mの人口の山だ。山頂には万寿亭と呼ばれる楼閣が建っている。公園の入り口からの標高差は43m、これを階段で登る。


100102北京景山公園万春亭 ダイレクトに山頂に続く石の階段で、薄く積もった雪にツルツル滑りながらも、なんとか山頂の万寿亭に到着。

100102北京景山公園から雪の故宮1

雪の紫禁城のパノラマが広がる。まさに絶景。おそらく清の皇帝も同じ景色を見たことだろう。


100102北京景山公園を登る観光客

次から次へと観光客が登ってくる。日本語もちらほら耳にする。


100102北京景山公園から故宮2

幾重にも重なる故宮の殿閣の白い屋根。灰色に沈んだ空。遠くから車のクラクションや胡弓の音が聞こえてくる。そして空気は冷たく湿っている。寒い。


100102北京景山公園での撮影

なかなか見られない雪の紫禁城を撮る人々。撮影会みたいだ。


100102北京景山公園えんじゅの木 1644年、明の皇帝、崇禎帝がこの槐の木で首を吊り、明王朝は幕を閉じたと言う。でも本当に首を吊った木は切られてしまって、これは何代目からしい。

100102北京故宮

公園をでて、故宮の前のバス停に行く。故宮の堀は凍結し、雪が積もっている。さすがにここを歩いている人民はいない。


100102北京王府井百貨大楼 バスで王府井にやってきた。
王府井を歩いていて、つくづく北京は文明的な都会だと思う。第一に、信号を守っている歩行者がいる。ハルピンや長春で歩行者用信号を守っている人民はひとりもいなかった。北京では20人に1人くらいはいる。第二に車のクラクションがあまり聞こえない。ハルピンは常にクラクションが聞こえていた。

100102北京王府井新東安市場

王府井のデパートの一つ、新東安市場に入った。吹き抜けがでかい。狭い日本ではこんな無駄な空間は作れないだろう。空間がでかいだけでなく、もちろん売り場面積もでかくて、電気製品から服飾、食料品までなんでも売っている。


100102北京王府井東来順 新東安市場の5階にある「東来順」で昼食。羊のしゃぶしゃぶを食べる。
臭みのない肉や、見たこともないキノコがうまい。でも意外だったのは、レタスだ。最初は、サラダかと思ったが、しゃぶしゃぶしてみたら、シャキッとしながらも、スープの味がしみてうまかった。
ただ、ボリュームの割にはちょっと高めかな。

100102北京王府井書店 王府井大街の入り口にある地上6階の王府井書店で本を買う。私は旅行に行くと必ず現地のガイドブックを買って、次の旅行の参考にする。
今回は、中国全土のざっくりした観光ガイドと、青海省、チベットそれぞれの写真の多いガイドブックを買った。

100102北京東直門 旅の目的はすべて達した。帰国のために北京空港へ向かう。東直門のホームではサンタが見送ってくれた。今日は1月2日、中国はいつまでクリスマスなんだろう...

100102北京空港 空港にだいぶ早く着いてしまった。雪で航空ダイヤは遅れるかな、と思ったが通常どおりのようだ。

時間を潰すために有り金はたいて50元の高価なコーヒーを飲む。北京空港には手軽なカフェを作って欲しい。

100102機内食 JL8824は定刻どおり16:40に北京空港を離陸する。離陸して早く飲み物こないかな〜と待っていたがなかなか来ない。で、いきなり機内食になった。
ハンバーグを選ぶ。ハンバーグなんて初めてだ。無難な味。

100102羽田空港 21:00羽田空港に到着。飛行機から階段で下りてバスに乗る。そして、バスを下りるとすぐ入国審査があり、あっという間に空港を出た。早い、が、国際線ターミナルには、リムジンバスも鉄道もきていない。シャトルバスで国内線ターミナルに行かなければならない。もうちょっと何とかして欲しい。
いずれにせよ、旅は終わった。

中国・東北、漠河の旅・完



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2012年03月08日

3・11は国外逃亡〜台湾の旅(0)

まもなくあの日がやってくる。


忘れもしない、忘れられない、3月11日、東日本大震災からちょうど1年。


おそらく、この週末は震災関連のニュースや特番が、怒涛のように流れるだろう。それはちょっと気が滅入ること。

津波の映像を見るたびに、ガレキに覆われた初めて見た陸前高田の光景を思い出す。巻き戻すことのできない冷徹な現実が、私が見た陸前高田、大槌、釜石、気仙沼だった。


日々、逃れることが許されず、厳しい現実に立ち向かっている被災した方々、現場で奮闘するボランティア仲間には面目ないが、明日、私は台湾へ旅にでる。


でも、台湾の人々には手厚い援助のお礼を伝えてくる。せめてものできること。




このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2012年03月15日

震災後初海外〜台湾の旅(1)

3/9 成田空港〜台湾桃園国際空港〜台北〜九份〜台北

前回の続き)

120309成田空港天亭・天茶 震災後初の海外旅行。去年の正月以来の成田。初めての海外旅行のようにワクワクする。
朝一番のチャイナエアーに乗るために、朝食も食べずに朝7時に成田空港にやって来た。チャイナエアーや日航の台湾行きのカウンターは大混雑だ。私のようにこの週末に海外逃亡する人がいっぱいいる。
なんだかハイな気分で、朝ごはんにがっつり天亭の天茶を頂く。

120309成田空港・掲示板 いつものお約束写真も久しぶり。旅はここから始まる。

120309成田空港出発ゲート

いつもと違うところもあった。世界に向けた震災復興支援ありがとうのメッセージ。

ぼけ〜っとX線のゲートを通過したらベルが鳴った。しまった、ベルトを取るのを忘れてた。久しぶりなのでうっかりしていた。


120309チャイナエアライン・機内誌 機内は日本人で大賑わい。やたらはしゃぐ若い人が多い。卒業旅行だろうか。

台湾と言われて何をイメージする? バナナとか言うと台湾の人が気を悪くするぞ。私の台湾のイメージは、親日、エレクトロニクス、美食、温泉、そして山と花、季節によっては蝶。今月の機内誌の表紙は私の台湾のイメージにピッタリ。

120309チャイナエアライン・機内食は鳥の照り焼き? 機内食はこい〜味の鶏の照り焼き。あまり美食じゃなかった...。

機内で、日本統治下の台湾で起きた先住民族による武装蜂起、霧社事件を描いた映画「セデック・バレ」を観た。日本人と先住民、そして先住民同士、ひたすら殺しあう。民族の誇りは分かるが、日本人も先住民もみな野蛮だ...。と、終わる前に台湾に着いてしまった。

120309台湾・桃園国際空港から台北市内へ向かう高速道路 機内からタラップに出ると、さ、寒い。なぜか南国台湾が東京並みに寒い。おまけに霧雨まで降っている。さらに濃い霧...
いつもどおりリムジンバスに乗り台北市内へ向かう。高速道路の大規模な拡張工事をやっているようだった。台湾経済は元気だ。

120309台北市内・大安区の高速道路付近

中山区にあるホテル、国王大飯店にチェックインし、荷物を置いてすぐに九份に向けて出発。森林南路に沿って歩いてゆく。台北市内には、近代的なビルやきれいなショッピングモールが建ち並ぶ、すぐとなりの通りにこんな煤けた建物があったりする。いかにも台湾らしいと思う。


120309台北市内・EasyCard台北市内の移動にはこの「悠遊カード」が便利。いわゆる台湾版スイカ。MRTの自動改札で使えるほか、台北市内や近郊のバスでも使える。バスの支払いは、乗るときに料金を運転手さんに聞いて先払いのことが多い。しかし、これを持っていれば行きたいところを四苦八苦して伝える必要がなく、タッチするだけ。

120309台北市内・忠孝復興駅じゅうふん行き基隆バス乗り場 MRT忠孝復興駅から1番出口を出ると、九份行きバスのバス停がある。道を挟んだそごうの正面だ。ここからバスに乗れば、乗り換えなしで九份に行くことができる。
日本人が多い。観光客目当てのタクシーの客引きも多い。

120309じゅうふん・雨が降っている

バスが松山駅のバス停をすぎると、畑や林がぽつりぽつりとある郊外の風景となる。時々、小さな街に到着し、1,2人が乗り降りして次の街に向かう。自分がどこにいるのかさっぱり分からない。それでもだんだん九份に近づいてゆく。雨もだんだん強くなってゆく...


120309九份・舊道(旧道)バス停の前のカフェ 瑞芳のバス停でたくさんの日本人が乗ってきて、朝の通勤のようにギュウギュウになる。九份は近い。
九份では「九份」ではなく「舊道」のバス停で下りる。前回来たときには、これが分からず乗り過ごしてしまった。「舊道」のバス停はこのカフェが目印。

120309九份・基山街入り口

バスを下りると...猛烈な土砂降り。傘だけでは防ぎ切れそうもないし風も冷たいので、バス停脇の屋根のある展望台でウインドブレーカーを羽織る。さて、この坂を上った右側に、九份のメインストリート、基山街の入り口がある。


参考

桃園空港
両替は複数ある。私はいつも到着ゲートをでてすぐ右正面。ATMも複数ある。
リムジンバス乗り場はゲートをでて右側をずっと行く。カウンターで言葉が通じなくても地図を見せて、指差せばそこまでの切符を売ってくれる。
悠遊カード
MRTの駅の窓口で買える。デポジット100元を含む500元。
私は一昨年買ったものを持っていったが、まだちゃんと使えた。
九份へのバス
基隆客運バス、忠孝復興駅から舊道まで90元、およそ1時間半。タクシーの運ちゃんはバスは3時間かかるからやめておけ、と客引きする。バス車内では停車バス停のアナウンスがないので、ぼけっとしていると乗り過ごしてしまう。

次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

2012年03月16日

土砂降りの九份〜台湾の旅(2)

3/9 成田空港〜台湾桃園国際空港〜台北〜九份〜台北

前回の続き)

120309九份・基山街

建物の合間に滑り込むように、九份のメインストリート基山街に入る。石畳の路地の両側には土産屋や飲食店が軒を連ねる。日本の大正時代を思わせるすごいレトロな感じ。道はちょっとしたアーケード街のように見えるが、見えるだけ。両側店の軒が道を覆っているものの、アーケード街のように完全に屋根にはなっていない。なので容赦なく雨が吹き込む。傘をさしたり畳んだり忙しい。


120309九份・阿蘭草仔か 「阿蘭草仔粿」というお店。「草仔粿」とは草餅のこと。かなり賑わっていたので、試しに4種類ほど買ってみる。
かなり柔らかく、餅というよりスライム?小豆の餡子はすぐにわかった。あとはおしんこ?そして...スパイシーなタロイモ餡。最後のは...芋のようだが、自分が何を食べているのか分からなかった。

120309九份・シューチールー

ここが有名な豎崎路。なぜ有名かと言えば、ベネチア国際映画祭で金獅子賞をとった「非情城市」という映画の舞台になったため。「非情城市」自体は見たことがないのだが、2・28事件前後の暗い時代を描いた映画と聞いている。2・28事件とは大陸から渡ってきた国民党政府が、もともと台湾に住んでいた人々を弾圧し、3万人近くの人々を虐殺したとされる事件。だから今でも台湾には中国が嫌いな人が多いのだ。


120309九份・茶館 土砂降りの雨に耐えかねて映画にも登場したという茶館に避難。びしょびしょになったカメラを拭きながら、阿里山の甘い香りのお茶を頂く。とてもムーディーな場所だが、隣ではここの子と思われる子供が大騒ぎしている...

120309九份・シューチールー2

お茶を飲んでいる間にすっかり暗くなった。疲れたから台北に戻って、ご飯を食べてさっさと寝るか。


120309九份・シューチールー3

九份のバス停に向かって豎崎路の狭い階段を下ってゆく。すぐに観光客はいなくなり、バシャバシャという雨の音しか聞こえなくなる。ああ、私のかつてゴアテックスだった完全透水性のトレッキングシューズは完全に中がグチュグチュだ...寒い。


九份のバス停で列をなしてバスを待つのは日本人ばかり。まるで日本にいるみたいだ。台北に戻るバスに乗るつもりだったが、あまりの寒さに先に来た基隆行きのバスに飛び乗ってしまった。外は真っ暗で土砂降り、バスの窓ガラスは完全に曇っている、そして車内アナウンスはない。それなのに現地の人はブザーを鳴らして下りて行く。どうやって分かるんだろう?


120309基隆・基隆駅 終点基隆到着。基隆は港町で、その夜市はシーフードで知られている。そこで夕食にしようかと思ったが、もう屋根の無い所は歩きたくない感じ。真っ直ぐに駅に向かい、台北に行く列車に乗った。ここでも悠遊カードが使えた。

120309台北・MRT車内にて

台北駅から中山駅までMRTに乗る。歩いても行けるけど、もう面倒。MRTのつり革は低い。


120309台北・青葉 夕食は台湾料理のレストラン「青葉」。台湾料理としてはやや高めだが、いかにも高級店といった感じで落ち着いて食事ができる。お客は日本人のビジネスマンが多いらしい。

120309台北・青葉のカラスミ炒飯 メニューを見ながら欲望の趣くままに注文する。豚の角煮、蛤と木耳のスープ、空芯菜の炒め物、そしてカラスミ炒飯にビール。文句なしにうまい。食べ過ぎて苦しい。台湾に来るといつもこれだ。

120309台北・メロリってなに? ホテルは歩いてすぐ、と、なんだ「メロリ」って?

参考
九份〜基隆のバス
51元、所要時間は1時間弱。基隆は終点なので安心して乗っていられる。
基隆〜台北
台鉄の区間車(各駅停車)で41元、およそ40分。
台湾料理・青葉
http://www.aoba.com.tw/

次回に続く)



このブログは引っ越しました。最新の記事はhttp://blog.geotrek.info/でどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。